2007.10.30

龍山の山

今週末は、ワタクシが所属するJMRA(民家再生リサイクル協会)で運営している「民家の学校」の第7回講座がこの静岡天竜、龍山、水窪周辺で行われる。
昨年までは群馬の山でおこなっていたものが、今年から静岡で開催。
その現地担当として、先週、今週は特に忙しい。。
桧林

いつも行っている、ユーザー向けの伐採ツアーではなく、今回受講者はノコギリ持参で、間伐を実践した後、主伐も体験する予定である。もちろん?皆、地下足袋もしくは山作業用靴できます。。自分的にも今回の企画は今までにないものなので、かなり心配。。ですが、楽しみでもある。。
先日下見に伐採現場まで行ってきた。。秋晴れに、龍山の山は美しい。。
どうか当日も晴れますように・・。
龍山の山

↓こころ現代民家研究所は100%国産材の家造りをしています・・・ということでクリック。
にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ


Posted at 22:35 | 木のココロ | COM(2) |
2007.10.29

招き猫

ちっちゃな文化展の陶器屋さんでこんなものを買ってしまいました。。
招き猫

まねきネコ

実は昨年から目をつけていたんです。。
おばちゃんに、「猫の右手と左手、あがってるの何か意味あるの?」
と聞くと
「よう、わからんけど、右手がお金で左手が人を呼ぶってゆう話だけんねぇ。」
との話。。これは、どちらかということではなく。二つあった方が・・
と思い、二つ購入してしまいまいた。・・ちょっとまけてくれました。
おばちゃんの話のように一般的には右手がお金、左手が人のようですが、その神社や地方によって左右は微妙に違うようです。
色にも意味があるようで、見慣れた三毛猫さんは全般的に幸福を。。今回の赤猫さんは病除け、魔除け。黒猫さんも、病除け、厄除け。金猫はお金を招くそうです。
あ。これだと病は十分か。。こうなると金猫も欲しくなってくる。。
↓こころ現代民家研究所は100%国産材の家造りをしています・・・ということでクリック。
にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ


2007.10.28

遠州横須賀街道ちっちゃな文化展

10月26、27、28日と毎年恒例の遠州横須賀街道ちっちゃな文化展が開催中です。
本日27日は、温帯低気圧が突如として台風宣言し、午前から午後半ばまで大雨。
1日目も雨でしたので、おそらく最終日の明日は混雑するにちがいない・・そう考えて、
2日目の今日、夕方からボチボチ文化展を見に出かけました。
この文化展も今年で9回目、旧大須賀町横須賀の街道沿いの一般の民家が、この3日間だけは、全国から集まったアーティストや地元の文芸家の作品が並ぶギャラリーとなります。
毎年、その参加アーティストは増えており、それを見に来るお客さんも、ここのところ数年は3日間で2万人を超える・・といいます。
でも、今回は雨。。やはり、人もまばら。。晴れた日は、本当に街道いっぱいの人でごったがえします。。ゆっくり、長くまわる時間はないけど、、一つ一つをじっくり見れました。
ワタクシが所属する「静岡民家の会」の展示ブースに顔をだして、その後ぶらぶらと街中を・・。
もうすっかり暗くなり、旅館八百甚(やおじん)の明かりが道ばたの水たまりに反射して光ります。もーひとつの照明だ。
大須賀八百甚

↓こころ現代民家研究所は100%国産材の家造りをしています・・・ということでクリック。
にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ

Posted at 00:00 | 街歩き | COM(0) |
2007.10.27

建築士のココロ

いままでのブログをやめ、本日からあらためて「ココロ学」を描きはじめ。
ワタクシは木を扱うシゴトをしております。・・といっても材木屋や大工さんではありません。
今、耐震問題で風当たりの強い・・建築士。
建築士というと、高層ビルや公共の大きな建物を設計する人・・などと未だに思っている人は多いと思います。
ですが、もちろんそんな大きなものも手がける人もいますが、一般の住宅にも必ず、建築士が関わっているハズ。
では「建築家」と「建築士」・・どうちがうの? というと正直言って明確には分けられませんが、「建築士」は必ず建築士免許を持っているワケで、建築家はどちらでも良いような気がします。免許のあるなしに関係なく、建築について多くの知識を持ち、卓越した設計やデザインができる人は「建築家」と呼べるのかもしれません。
しかし、建築を設計するには最低、免許に相当する知識と経験が必ず必要です。そして、いろいろあろうとも屈しない意思とモラル。 これが、安全を前提とする建築物に関わる者の最低限のルール。
建築をやっていて、いろんな圧力や施主との隔たりなど、日々、戦うことが多いのは事実。
この軋轢におかしくなってしまう人も少なくないデス。
特に、何の会にも所属せず、コツコツとオタクで図面描いているだけの人は、、正直アブナイ。。
それか、そんな大きな責任を全く感じない人種か、、どちらにしろアブアイ。
風あたりは強くて、法律は厳しくなるし、シゴトの報酬はなかなか厳しい。し。
建築士なんて今からやるシゴトではないのかもしれません。
でも、それでも自分がやってるのは・・・建築が好きだから。だね。
というか、モノ作りが好きなんで、その集大成が建築なのです。。そう思っている人多いのではないだろうか。
ちゃんとやってる人たちは、大きくとも小さくとも、何かしろ使命感のようなものを持っていて、それぞれの価値観ではあるけれども、世の中良くしようとがんばっている。。そう思います。
中には悪い人もいるけれど。

今度そんな建築士たちがあつまって個展をします。なかなか熱い連中です。
「浜松建築ウィーク2007 建築展」
http://kenchikuten2007.seesaa.net/

ワタクシも出展します。
建築展

↓こころ現代民家研究所は100%国産材の家造りをしています・・・ということでクリック。
にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ