--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.04.30

仏蘭西最中とは?

さて「仏蘭西」なんて読むでしょう?


答えは「ふらんす」・・・簡単ですかね。。
では。「仏蘭西最中」とは?何でしょう??

今日は、家具デザイナーの小澤さんと、6月のイベントの件で打合せ。
わざわざ東京からいらっしゃっているので、近所の菓子店の茶菓子を用意しました。
うちあわせ

小澤さんは、イタリアから帰国したばかり、で打合せ半分、イタリアの家具の話半分でした。
数年前に比べると、イタリアの家具ギョーカイは、日本よりぜんぜん進んでいる!
いろんなものに縛られず、デザイナーが自由にデザインをしているし、職人やメーカーもそのように造っている。。
イタリアの家具展のパンフレットやカタログを見せてもらったのですが、うーんなかなかこのような発想は日本にはないかも。。でも、デザインモチーフやカラーは日本の伝統的なものが感じられるものが多い。。日本人よりもむしろ外国人の方が日本のデザインを旨く使っている。。
そんな印象でした。
↓これは収納の扉に描かれたデザイン。。繊細で綺麗。でもどことなく日本ぽいような。。
デザイン

外国では、江戸小紋などの伝統的な日本のデザインの評価が高く、どんどん取り入れられているそうです。一方で、スッキリとしたモダンでシンプルな収まりができる金物や電気機器などがどんどん開発されていて、本当に面白い!と絶賛でした。。。

さて、仏蘭西最中は、、これ↓
仏蘭西最中


そう。 所謂、 「シュークリーム」でした。
最近、和菓子菓子屋さんが「仏蘭西最中」という名前で売り出したのがちょっと話題になりました。
なので本日のお茶菓子に。。ネーミングってスゴイですね。。

↓こころ現代民家研究所は、日本文化を大事に、日本の森を大事に100%国産材の家造りをしています・・・ということでクリックお願いします。
にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ






スポンサーサイト
Posted at 18:05 | その他 | COM(3) |
2008.04.29

ゴールデンウィーク1

ゴールデンウィークといえば、茶どころ静岡では、当然のごとく、昔は「茶摘み」の毎日でした。
子供のころ、ゴールデンウィークといえば・・篭の中。
篭?中?というのは・・いつも親に連れられて茶畑にいる数日間だったので、きまって前半は、トラックの荷台に載った茶篭の中に入って遊んでました。。。で。午後になると、摘んだ茶葉で遊べなくなるので、車の中でラジオ聞いてすごしてた覚えがあります。今だに、AMラジオが好きなのは、そんな影響があるのかもしれません。
今は、できるかぎり、早く茶葉を出荷して、高値で取引しなくてはならないので、もうこの時期には茶摘みはとっくに終わっています。そして、今は、もう田植えをやってるトコロも多く、ウチの近所でも、もう田植え完了の田んぼがありました。
tanbo

この時期、側溝の水が増え、いろんな生き物がでてくるんですよね。。

それにしても、今月は、雨が多かった。。
雨が多いと外で仕事ができないので、現場も大幅に工程がくるってしまいます。
降った日は当然できませんし、雨がやんでも乾くのに一日かかる・・。

ゴールデンウィークは天気良いようですな。。

そうそう。本日は昭和天皇の誕生日なのですよね。
もう平成になって20年もたつのか。。と思うと、いろんなことを考えますね。

・・つづく。

↓こころ現代民家研究所は100%国産材の家造りをしています・・・ということでクリック。
にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ





2008.04.28

竹の丸 改修現場

ちょっと用事がありまして、竹の丸の改修現場へ行きました。
竹の丸は、数年前、LNで保存や活用を訴えてワークショップや個展などを開催したトコロです。
現在は、文化財の指定を受け、改修工事が進んでいます。
設計監理は、最近、親しくさせていただいている、増田千次郎さん。
↓掛川城の北にある竹の丸(旧松本家住宅)

takenomarunonaka

ちょっと現場を見学させていただきました。
この建物は、明治期から昭和初期にかけて数回の改修や増築を行っているので、大工の仕事が区画おきに少し違う部分があります。
特に、もともとあった主屋部分は、なかなか丁寧な仕事がしてあります。
takenomarunosigoto

ちょっとわかりにくいですが、大引といわれる単なる床下の下地なのですが、わざわざ鯱栓(しゃちせん)で留めています。。「道具もなく、加工も大変な時代に、見えない部分にこんなことする職人は、京都の職人に違いない・・千次郎氏談」
確かにそうです。柱の貫穴も奥が深く彫ってあったり、屋根の複雑な収まりをぴたっと合わせている仕事は、おとなりの報徳社の小屋組みとはかなり差があります。
完成が楽しみです。
↓増築した屋根部分はなんと檜皮葺き(ひわだぶき)
takenomaruyane


そういえば。ランキング忘れてました。
↓こころ現代民家研究所は、まだまだ100%国産材の家づくりをつづけます。久々にクリックお願いします。
にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ



Posted at 19:42 | 古民家再生 | COM(0) |
2008.04.28

やっとできました。。

すっかりご無沙汰してしまいました。

やっとできました。 ホームページ。
1月からコツコツつくりまじめてはや4ヶ月。もう5月になってしまいました。
cocoro open


HPだけではないですが・・もうあんまり新しくつくるのはやめたい・・・とつくづく思います。
30代もあと1年なので・・・。

・・・ということで ブログは再開いたします。

Tさん。まめこさん。コメントありがとうございました。

あ。アドレスですが、前とかわりません。

http://www.minken.jp/
Posted at 08:34 | その他 | COM(2) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。