--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.11.27

「日本人はなぜキツネにだまされなくなったのか」内山節

「日本人はなぜキツネにだまされなくなったのか・・・」
えっ?昔はだまされていた?ってゆうか迷信では??
そう思いました。私も。。
でも、そんな本のタイトルと、その序文を読んで、内山さんの講演に行くことに決めました。
参加したのはNPOスローライフ掛川で実施している「ライフスタイルデザインカレッジ」の公開フォーラム。
講師は、↓この本の著者。哲学者の内山節(うちやまたかし)さん。 
内山節著本  本の内容紹介はこちら

講演テーマは「 里山の暮らしから新たな価値をみつける 」
内山さんは、群馬県上野村で一年の半分をすごし、その自らの体験や村の人々とのやりとりの中で感じ取った感覚や言葉などから自然との共生や日本人の本質や思想について、難しい言葉ではなく、我々にわかり易い表現で講演してくださいました。

「日本には宗教と違う信仰がある。」

宗教には経典があるが、日本の信仰・・つまりもともと山や水など、自然をそのまま信仰として考える思想には経典はない。 だから対象がはっきり見えるワケではない。
しかし、物事の「本質」は見えないところにある。
そして、日本人はその見えない「本質」によって結ばれている。。
これが、言葉になれば、文化や習慣、儀礼や儀式となるのかもしれない。
だから、全ては見えないが、少しづつ、違う形で見えているのである。。
これが、自然や神や仏やお化けや・・・
そうして日本人は生きてきた。
だから、見えないモノが形になったモノを大事にする。(山や水、仏像や彫刻、建築。。)
だから、見えないモノから発生した型を大事にする。(祭典や儀式、習わしなど。。)

↓講演をする内山節さん。
内山節さん

本質はもともと見えない・・が。見えない本質は色んな形で見えてくる。
見えない本質が言葉となって見えてきたり、見えない本質が行動となって見えてくる。
これによって、見えない本質を垣間見ることはできる。

今の金融不安は、株は全体の2割位しか実際には動いていない。あとは見えないお金ばかり。
本来、株など持っていない一般の人には関係ないハズなのに、巻き込まれてゆく現代。。
では?どうやってゆけばよいのか??

今は、自分と等身大の生活(世の中)ではない。のではないだろうか。。
だから、等身大の世界に戻ってゆく必要があるのかもしれない。。
自然にとっても、人間にとっても、等身大の世界に。。

・・・・見えないモノ。「本質」を昔の人は大事にして、「信仰」として見ていたのかもしれません。
昔から「木」も信仰の対象とされてきました。そこに我々の本質を見ていたのかもしれません。
私が「木」に惹かれるのも、そんな理由なのかも。。と感じました。

↓こころ現代民家研究所は100%国産材の家造りをしています・・・ということでクリック。
にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ

こころ現代民家研究所
http://www.minken.jp/

スポンサーサイト
Posted at 01:55 | 心を学ぶ | COM(0) |
2008.11.24

信念とは・・篠原信一さんの話

11月22日は静岡県PTA大会が行われ、参加してきました。(本年、PTA会長なのです。)
大会の中で、柔道オリンピックメダリストの篠原信一さんの講演がありました。
今年は北京オリンピックの解説者としても活躍されましたが、11月から全日本男子の監督となられたそうで、オリンピックや有名な選手の裏話等、ユーモアたっぷりにお話してくださいました。
PTA磐田大会
(↑写真は大会の様子。篠原さんの講演は撮影禁止でしたので・・)
そして、武道家としての熱いコトバもいただきました。
柔道の「一本」とは・・・一発でしとめること・・・だから力だけではだめである。「力・技術・タイミング」全てが一つにならないと決まらない・・・武道は全て一本で決まる。それがスポーツと違うこと。
一本をとろうとあせると、必ず逆にとられる・・・最後の精神力、火事場のバカ力が大事。
ゆとりだとか、自主性、個性を主体にする練習では、その最後の力がでない。
抑圧され、徹底的に追い込んだ状態で最後の最後に力を発揮する・・・だから練習はスパルタでいく!

「日本の柔道は、これから勝利にこだわっていくのか?一本にこだわっていくのか?」
という会場からの質問に、
「あくまで、一本にこだわる柔道をしてゆく。」
という、こちらも、うん。うん。と納得の力強いお言葉でした。

そして、夢や目標を持って進むには・・・「信念」が必要。
信念の「信」は・・・「人」に「言」うと書く。
信念の「念」は・・・「今」「心」と描く。
だから、「信念」とは・・・「今、心に思うことを人に言う。そして、それに向かって行動し、努力することである・・・つまり、有言実行なのである。」

まずは人に言うかぁ。自信がないとなかなか・・と思ってしまいますが、言ったことは必ずやる。続けようと言ったことはすぐやめないでやり続ける。。大事なことです。
でもかなりの覚悟が必要です。

「木」を扱うコト、これも一本勝負。木は刻んでしまえば、やり直しがきかない。
真壁の柱を出すコトや、刻みや塗りなどの職人技は、この武道の心に近い表現が建物にも表れている気がします。
日本建築独特の形は、環境や社会のニーズだけでなく、日本人の心が表現されたものなのかもしれません。


↓こころ現代民家研究所は100%国産材の家造りをしています・・・ということでクリック。
にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ

こころ現代民家研究所
http://www.minken.jp/





Posted at 06:20 | 心を学ぶ | COM(0) |
2008.11.19

ウチの薪ストーブにも火が入りました!

ウチの薪ストーブ、通称「ダック」くんに
今年も火が入りました!
先週、スタッフが煙突掃除をやってくれたおかげです。。
ダックくん
やっぱ火はいい。。
火を見ていると色んなコトを考えます。。
いろんなコトが浮かんできます。。

・・火を扱えるのは人間の特権なのだ。。電気だったら、ナマズもウナギもいるしな。。
・・今燃えてる木ってどこのだっけ・・あ。ココの改修のとき出た下地材だ。。
・・コレつかってなんかできないかなぁ。。発電とか、給湯とか、、
・・ここで焼ミカンやったらどうだろう。。。あ。いや、もう少しミカンがしぼんだころがいいな。。
・・灰になるってすばらしいよなぁ。。これだけの体積がまったく無くなるんだから。。

今年から暖房仲間が増えました・・というか夏からの流用ですが・・
ぐるぐる扇風機
ぐるぐるマーク(・・勝手にはりつけたのですが・・)のぐるぐるせんぷうき。
これが今年は活躍してくれるでしょう。
ウチの薪ストーブはディスプレイも兼ねて、外から見えるように玄関土間に置いてあるので、暖房の効率としてはあまり良くないのです。なので、締め切っておくと、玄関はサウナ状態になってるのですが、一番遠いワタクシのデスクはいつまでたってもあたたかくならない。。
そこで、ぐるぐるくんを投入したワケです。
これが、だいぶ効果あり!!今年はいけそうな気がする~。

↓こころ現代民家研究所は大好きな木の家、気持ち良い天然乾燥木材で板倉の家造りをしています・・・ということでクリックおねがいします。
にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ
http://www.minken.jp/


Posted at 05:40 | エコ生活 | COM(0) |
2008.11.16

フラットベット基礎現場

進行中の基礎現場です。
ここ数年、このカタチ。フラットベット基礎を基本にした家の設計ばかりをやっています。
だいたい、はじめての基礎屋は嫌がります。。今回は、はじめての基礎屋さんですのでちょっと戸惑いながらのスタートでした・・・ですが出来上がると大体は、これくらいやらないとね。。と言ってくださいます。基礎梁が通ってしっかり鉄筋が通るので、コンクリート打ちの時、鉄筋がたわむ(へこむ)ことが無く、コンクリート打ち作業をしているとそれがわかるからです。
フラットベット基礎

ベタ基礎の良い所は、建物のベースを一体にできることです。そしてフラットベットは、コンクリート一回打ちという方法でまさに基礎全体を一体にできる方法として、積極的に採用しています。

よく古い家で床の一部がへこんだり、ベコッとさがったりしています。床下を見ると、床を支える束が浮いている状態だったりします。何らかの原因で床下の地面が沈下しているのです。
ベタ基礎でしたら、支えとなる束が下がることはありません。
しかし、基礎を鉄骨や鉄筋造と同じように構造的な梁としてみると、梁としての役割は、梁の高さを確保できるので一般の布基礎の方が強いモノになります。
大事なことは、ベタ基礎なら、基礎全体でもたせること・・・そのためには、しっかりした太さの鉄筋をしっかり組んで、一発で固める・・・これがフラットベットです。
でも、いろんな工夫がいりますので、コストは上がります。。

↓こころ現代民家研究所は大好きな木の家、気持ち良い天然乾燥木材で板倉の家造りをしています・・・ということでクリックおねがいします。
にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ
http://www.minken.jp/





2008.11.14

板倉の家見学会(天竜TS匠の会)

10月に実施した天竜TS匠の会の見学会の様子です。
場所は磐田市。
設計は、私の仲間。 「こころ庵一級建築士事務所」の新井氏。
そして、当然、板倉の家です。
設計者によって、同じ板倉でも、全く違う雰囲気になります。
茶室や京都の高級唐紙をつかった襖があったり、庭もまだ途中ですが、良い感じになりそうです。
↓見学会の様子


次回はウチの物件の見学会の様子です。

※ 浜松建築展 鴨江別館 終了しました!沢山のご来場ありがとうございました!

↓こころ現代民家研究所は100%国産材の家造りをしています・・・ということでクリック。
にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ

こころ現代民家研究所
http://www.minken.jp/



Posted at 06:10 | 天竜TS匠の会 | COM(0) |
2008.11.02

浜松建築WEEK建築展はじまりました!

11月1日(土曜日)から浜松建築WEEK 建築展 がはじまりました!
1日は出展建築士が勢ぞろいして、オープニングが行われました。
出展者は22名。
浜松から菊川までの静岡県西部地域の建築士が集まってパネルや模型の展示をしています。
会場は、鴨江別館・・・・オモテには「BEKKAN」というおおきな横断幕がさがってます。
bekkan

浜松市内で数少ない、昭和初期のコンクリート造の建物です。

↓会場の様子をレポートしています。



建築展の開催は
11月1日(土曜日)から11月9日(日曜日)まで毎日。
時間は、AM10:00~PM7:00まで。
場所は、浜松市中区鴨江町1番地 旧浜松警察署 鴨江別館
期間中は、建築士が無料で設計相談をおこなっています。
お気軽にお越しください!

↓こころ現代民家研究所は100%国産材の家造りをしています・・・ということでクリック。
にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ

こころ現代民家研究所
http://www.minken.jp/
2008.11.01

木の家見学ツアーvol3

2008年10月26日
天竜TS匠の会」の主催する見学会が行われました。その報告の第3回目。
ご参加いただいた皆さん本当にありがとうございました!
見学会の様子をご紹介します。

浜松市内の見学、最後は、「有限会社トヤマ」の外山さんが手がけたモノ。
今回は、実は、家ではありません。でも家のようでもあります。
とても楽しく、子供は大はしゃぎ。

↓家ではできないような珍しい木の組み方がスゴイです。



・ある場所:浜松市内
・特徴:丸太をそのまま使った、ダイナミックな木組みが特徴です。チェーンソーアートを施した柱がとても愛らしいです。

トヤマさん、ありがとうございました!

↓こころ現代民家研究所は大好きな木の家、気持ち良い天然乾燥木材で板倉の家造りをしています・・・ということでクリックおねがいします。
にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ
毎月、第2または第3日曜日は、「木の家相談会」を実施しています。詳しくはHPをご覧ください!
申し込みは、メールか直接お電話にて、、木の事、家づくりのこと、お金のこと、何でもお聞きください。
http://www.minken.jp/


Posted at 08:00 | 天竜TS匠の会 | COM(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。