--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.06.23

ころコトレビューvol.1

携帯サイトで「ころコト日記」を書き始めて、ほぼ毎日目標は、ほぼ達成しているのですが、、案の定、コチラのぶろぐがおろそかになってしまいました。
・・ということで、このぶろぐでは、「ころコト」に載らなかった写真や記事を紹介することにいたします!
で、前回のぶろぐアップは、静岡空港開港の6/4でした。ので、それから、昨日までの出来事の中から、ランキング形式で、紹介しましょう!!
今回は期間が長いので、10位まで、あげますね。。

では、2009年 6/4~6/22までの
記事にならなかった「ころコトレビュー」第10位。

↓事務所が・・何とか落ち着きました。 6/9(火)
jimusyo1
事務所のスペース開放を6/7(日)に開催しました・・・が、そのときには、まだパソコンのコードがまとまらず、入れない状態でした・・きっとだれもこないだろーなぁ。。と思っていたら、HPを見ていらっやったのは、スペイン人のシルバーアーティスト(奥様は日本人)。
でも、なんやかんやで楽しくお話をして、赤レンガ倉庫をご案内しました。
次回の開放は、7/5(日)です。 ご興味のある方、気軽に遊びにいらしてください。
↓読書コーナーには、あの間取り本が・・・
dokusyokona

では、次にいきます!第9位。

↓仕事はじめは、この一杯から・・ 6/10(水)
arumu1
やっと、アトリエがきれいになり、やはりはじめは、この一杯。
朝、来ると一杯のコーヒー用の水をヤカンで沸かし、それを注ぎます。
6/6に壊れたシティの様子を見にいくついでに、自家焙煎のコーヒー専門店、アルムさん(←ココラボで昔紹介しました。)によって、コーヒー豆を購入したので、これが、その一杯目。
アルムさんのコーヒーは、飲むまでに三回楽しめる。。一回目は、パックをあけたときのふわっという良い香り・・2回目は、お湯を少したらして、待っているときの部屋中にひろがる香り・・
3回目は、飲む寸前の鼻に直にはいってくる、甘い香り。。
事務所開放で、コーヒーをオーダーした場合は、コレ、だします。

記事にならなかった「ころコトレビュー」第8位。

↓鉛筆をくっつけた、畳用の接着剤 6/18(木)
たたみの接着剤えんぴつ
エンピツドッキングは、記事にも書きましたが、コレです。
二つをひとつに、何でもくっつく、魔法?の接着剤・・・その後、どうなったかは、また確認してみます。

記事にならなかった「ころコトレビュー」第7位。

↓ビールの美味しい季節になってきました! 6/9(火)
ビール1ビール3
ムシムシ、熱熱。 こんなときは、ビールです。
今年発売の話題の二つのビール??を検証してみました。
アサヒのは、まさにドイツ!黒ビールよりぜんぜんクセがなく、地ビールに近い、苦味が美味しい。。
日本人向けの普通のビールに飽きた人には、お勧めです。。
でも、これは、まずぐっと・・というより、ツマミをいただきながら、長いスパンで飲むタイプの味かな。。
さて、もうひとつは、ノンアルコール・・てことは、子供も飲めるのか??
という疑問はありつつも、これは、やっぱ、ビールではありませんでした。。ドイツビールとのギャップもありあすぎました。。。涙。

記事にならなかった「ころコトレビュー」第6位!

↓土壁の土づくり 6/18(木)
つちかべ
土壁用の土をつくっている所です。ぶろぐにも書いた、黒田家の現場近くに、大きな水槽のようなところにあるのが、コレ。 三河から持ってきた土に、藁を、手作業で混ぜていきます。
1ヶ月に一回は、やっているそうで、約半年、こんな風に、藁お混ぜたり、水を入れたりして、土壁の土をつくっていきます。 だんだん、濃い灰色に変化し、ドブのような匂いがでてきます。変化して、微生物が分解しないと、丈夫な土になりません。

記事にならなかった「ころコトレビュー」第5位!

みんなさん、水窪へいらっしゃい! 6/18(木) 美味しい甘夏↓
みさくぼみさくぼ2
6/18は、忙しくって、夕方は、水窪まで行って、TS匠の会の「夏の山里キャンプ」の下見でした。
8/8日はオートキャンプ場を貸切ます!イベントも盛りだくさん!
大工の二橋棟梁が、手筒花火を披露するので、その場所を確認!
鹿は誰が、担当だとか(・・もちろん食べる。)、鮎のつかみ取りの段取りだとか。
現場を見て検討しました。(写真は、差し入れの甘夏。
地元の天然蜂蜜をかけて食べるのがサイコーです!)
ぜひ、皆さんご参加ください!やっぱ山はいい!

記事にならなかった「ころコトレビュー」第4位!!

↓民家をお探しします!! 6/6(土)
民家お探します。
民家探しには、コツというか、匂い・・みたいなものがあります。。
ただ、やみくもに、車を走らせていてもなかなか見つかりません。
このあたりは・・・あるのでは、、という雰囲気があるのです。
そして、ひとつあると、必ず空き家は、その周囲に数件まとまってあるケースが多い。
少し、ふらっと、前から気になっていた地区に行ったら、こんな建物が残っていました。
住宅ではありません。 たぶん、戦後建てた木造のお茶工場です。
でも中は、すばらしく綺麗な、木造トラスでできています・・そしてここのロケーションも良い。
すぐ横には、田んぼを走る、JR線・・レストランとかにすれば、かなり良い!
近所の人のお話によると、数年前までは、外国人の家具デザイナーかなにかが、使っていたらしい。
それなら、たぶん、貸してくれるでしょう・・・。
そんな、アンテナ立てながら、いつも走ってますので、、民家をお探しの方は、お気軽にご相談ください。(ただし、不動産仲介はいたしません。)

さあ。 やっときました。 ベスト3!
記事にならなかった「ころコトレビュー」第3位!

↓えっ!わさびカレー?? 6/13(土)
カレー
スーパーで、夕食の買い物中、見つけました。。これは、オドロキです!
いくら、静岡、いくら、名物ワサビ、っていっても、カレーとは。。。
「想像図」ってのも怪しくて良いです・・・思わず買ってしまいました。
でも、じつは、まだもったいなくて食べていません。 食べたらご報告いたします。

記事にならなかった「ころコトレビュー」第2位!!
↓静岡県水泳ランキング 6/7(日)
水泳ランキング
静岡県の水泳ランキングが、新聞に載ってました・・・そして、我が家の長男が、載りました!祝!!
ウチは、短い距離は遅いのですが、長いのが得意。
中学の1500mのランキング、5位に入っていました。 うんうん。よくがんばってる!!
でも、上の大会に行けるのは、4位までですし、全国大会の基準タイムにまだ少し足りません。
とにかく応援するしかありません!(切り札に、例のあの水着も考えなきゃかなぁ。。)

そして、やっときました。
記事にならなかった「ころコトレビュー」第1位!!!
↓初スイカ で ニコニコ。 6/8(月)
すいか
夏、ビールよりも「うまいモノ」、何でしょう・・それは、コレではないでしょうか!
そうです、スイカ! 西瓜です。
スイカを食べていた次男が、急に笑い出したので、何だ?とのぞいてビックリ!
こんなスイカがあったのか。。ボクらも、スイカもニコニコになりました。

さて、さすがに、10コはきつかった。。次回は5位までにします。

↓「ころコト日記」はほぼ毎日、更新中です!!
http://kdiary1.fc2.com/cgi-bin/d.cgi/gendaiminka/
↓こころ現代民家研究所は大好きな木の家、気持ち良い天然乾燥木材で板倉の家造りをしています・・・ということでクリックおねがいします。
にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ
毎月、古民家アトリエを開放しています。次回は7月5日(日)詳しくはHPをご覧ください!
申し込みは不要!民家や民家探索、木の家についての相談、お受けします。
http://www.minken.jp/











スポンサーサイト
2009.06.04

祝 静岡空港開港!木造提案のこれから・・

2009年6月4日。 今日は朝から、静岡では、地元テレビもラジオも、この話題で・・・モチキリ。。
そうです。今日から、「富士山静岡空港」が開港したのです。
富士山静岡空港のサイトはこちら・・・
kuko


空港の場所は、お茶の名産地、牧野原台地・・・・つまりウチ(菊川)はすぐ隣。
何と、車で20分~25分で行けるのです。。
ココロアトリエから、空港へむかうバイパス道路まで、約10分。バイパスが混んでなければ、そのまま走ること10分。。ホント、世の中の流れは、速い!!そして世の中変わる・・・。

計画は知っていたものの、この道路ができたのは、ここ2年の間。 建物ができたのもこの2年間。
超突貫工事でした・・間際でいろいろありましたが、できたことはホント、スゴイ。
↓こんなスゴイ道路ができました。
kuukoudouro
そしてちょうど、その計画の最終段階の時、つまり3年前、空港の運営会社に対して、
こんな提案をしました・・・・
「空港を木造でつくりましょう!!」

県森連や県木連の提案として、ワタクシがプロポーザル案をつくり、提案したのです。
世界に名立たる富士山。北には南アルプス・・そして大井川。。南には駿河湾~遠州灘。。周辺は、お茶畑と自然林が広がる豊かな山。。そんな自然の中にできる空港は、自然の材で、静岡の木材で、造ってみませんか。。という事でした。
でも、もう計画自体はほとんどきまっていたようでしたし、木造化は無理としても、内装や周辺施設に、使ってもらえないか・・・というモクロミでもありました。
木造ターミナルビルの名称は、「TIMBER WING」・・・木材の翼・・とでもいいましょうか。。なかなか良いと思いませんか。。
国内では、根室中標津空港 や 大館能代(秋田北)空港 が、ターミナルビルの一部の梁や柱、内装などに木材を使っています。外国では、ノルウェーのオスロ空港 は超巨大な施設全体を木の梁でできた屋根が覆っています。 法的規制などはありますが、今の技術なら、かなり巨大なものまで、木で造ることが可能なのです。
↓オスロ空港の発着ロビー
oslorobi

このような公共の建築物で、あまり木が使われない理由には、「火」に弱い??という事が大きいです。
木は燃える・・確かにそうなのですが、火に対しての対抗措置は大きく3つあります。。ひとつは、一般的に、木に何か防火的な塗料を塗って着火しにくくする方法。
そして、二つ目は、木の厚さ自体を厚く、、所謂、燃え代設計を行って、構造上、必要な太さや厚さにプラス、燃えても良い部分をもともと付け加えておく方法。
そして、オスロのような巨大なものは、火から充分な距離を確保する方法・・・つまり火元になると見られる階のフロアから、火の熱の影響のないところまで木の部分を離す・・簡単に言えば、天井をものすごく高くして火が届かないようにする方法。

工夫すれば、いろいろ使えるモノです。
それに、防火に関係ない、ファニチャー(椅子や棚など)類や装飾部分は、木を使っても良いハズです。。
↓提案した木造空港のイメージスケッチ。
kuukousuketch

ということで、提案はしましたが、ごらんの通り。残念ながら、却下されてしまいました。
まぁ。仕方ないコトです。できたモノは、前向きに、何とか盛り上げたいですよね!
しかーし、是非、これからできるであろう、周辺施設や、変わってゆくであろう空港周辺の建物などは、環境に負荷のない。木造にして行きましょう!!ココの森は、無くなってしまったのだから・・・。

↓本日の空港ターミナルの様子。祝!開港!
kukophoto

さて、静岡に行く途中に空港脇を通って、ついでに見学して行こうとおもいましたら、空港内は、見学だけの人は、今のところ、駐車できないのでした。。(歩いて5分~10分ほどのところに見学者用パーキングあり。シャトルバスあり。)
ですので、ぐるっと様子を見ながら通過しました。見学の人も、発着の人もマバラな感じでした。。インフルエンザの影響もあるのかな。。でも、何かだんだん盛り上がってきたように感じます。。(自分だけかな・・)。ウチの両親も、今月末に、韓国に行くようです。静岡人はもともとスロースタートだから。これからでしょうか。。

この空港の真下には、東海道新幹線が通っています。初期計画では、新幹線の駅をつくる。。という画期的なモノでしたが、最終的には無理だったようです。
自分的には、すぐ近くの東海道線の金谷駅や大井川鉄道の新金谷駅から、線路を伸ばして、ローカル線の駅とリンクした方が、外来者の観光には良い気がします。。できれば、、SLを空港まで走らせて・・なんてすごく良い!!これから国道や第二東名まで道路をつなげるのだったら、今からでも遅くない。 やってくれないかなぁ。。。

何はともあれ、無事、開港、無事、一番機が発着しました。メデタイ。メデタイ。

・・とそちらはめでたかった。。のですが、空港道路から降りてすぐ、愛車の調子が・・
詳しくは携帯サイト日記を見てください。。コロコト日記

↓こころ現代民家研究所は「静岡」の木の家、気持ち良い天然乾燥木材の家、板倉の住まい、50年先に民家になる家造りを志して設計する、日本の木専門の静岡の設計事務所です。・・・ということでクリックおねがいします。
にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ
↓こころ現代民家研究所のウェブサイトはこちら
http://www.minken.jp/











Posted at 21:51 | その他 | COM(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。