--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.10.22

ついに板倉の家が完成いたしました。
今回は静岡市のケンセイホームさんと初のこらぼれーしょん☆
みなさま是非見学にいらしてください。詳しくは下記にて・・・。


河合邸完成見学会

スポンサーサイト
Posted at 22:39 | 見学会 | COM(0) |
2012.10.14

加子母の天然林

9月末に、しずおか木造塾の研修ツアーで、岐阜県の中津川市加子母にある「木曽桧の天然林」を見学してきました。

今、私たちの周りにある山は、そのほとんどが植林された木が生える「人工林」というものです。
私が木材として使っている、天竜や大井川流域の、杉、桧は、全て人工林。
人の手で苗を一本づつ植えているものです・・・それはそれでスゴイことなのですが、、
人工林の場合は、人の管理があってはじめて成立し、定期的に間伐や下草刈りなどをしなければなりません。

今回は「天然林」
これは、山の土に実が落ちて育ち、そのままの環境の中で、自然淘汰されながら育った木や植物で成り立っている森のこと・・。
かしも01
↑写真の手前の山が、人工林・・木の形がそろっています。いちばん奥のボコボコしてるのが、天然林。いろんな形の木が生えている様子がわかります。。。

この桧の天然林は、日本でもここだけと言われ、一般の出入りは禁止されています。
ですので、林道の途中にはこんな柵がいくつかあって、入場者も管理されています。。。「おっクマもいるのか・・。」
かしも02

良く聞く、原生林と天然林との違い??といいますと、原生林は、もう全く人の手がはいっていない、古代からの山のことで、今回の天然林には、ある程度人の手は入っています。
ですが、人工林で行われる、間伐や下草刈りなどは一切おこなわれていません。
かしも03

この山の起源は、1630年代といわれており、これは、江戸時代の築城ラッシュで、この辺りの山の木のほとんどが伐採された・・との記録があるそうで、その後一切植林はしていないので、そこから自然に杉、桧、サワラなどが生育したと考えられているそうです。
ですから、ここのでっかい木のほとんどが、200歳~400歳!

いやあ、、ホント、すごい!

でも樹齢200年以上のわりには、植林の木に比べると、細い感じがします。
伊勢神宮に使われた木の切り株をみると・・かなり年輪が詰まっているのがわかります。
せまいものは1㎜以下、見えない位の詰まり方です。
2012-09-22 054 (450x800)

ここに生えている木の多くは、天然のサワラ

桧とサワラって一見、まったく同じに見えます。プロでも見分けはつきにくい・・といわれます。
葉も表は、まったく同じ・・しかし、実は裏面の模様が微妙に違うのです。
2012-09-22 040 (450x800)
葉の葉脈の白い部分が、綺麗にYの形に見えるのは「桧」。
「サワラ」は、白い部分が、XとかMとか複雑に見えます。(手前)
建築では、どちらの木も湿気や虫に強い・・とされていますが、板材に関しては、サワラは調湿性やカビにも強く、ウチでもお風呂の壁や天井によく使います。
サワラは、成長段階で木の芯部分が腐ってしまう事が多い為、板材として利用することが多いそうです。

↓さて、どちらが桧で、どちらがサワラでしょう???

2012-09-22 062 (450x800)
右がサワラで、左が桧。
サワラは、桧に比べ枝が細く、葉も細かくついています。一方、桧の枝は太く、かなり長くひろがります。
自分もはじめはわかりませんでしたが、そのうち何とか判別できるようになりました!

普段、私がよく行く人工林に比べ、山の中の様子は全く違います。
2012-09-22 116 (450x800)
とにかく美しくって、いろんな種類の緑がみれます。
シダなんかはもうジュラシックパーク状態。。

2012-09-22 094 (450x800)
↑これも天然林の特徴。 広葉樹と針葉樹が同じ山に生えている。。当たり前といえば、当たり前。。
針葉樹は、とにかく上にむかって地面とは関係なく垂直に伸びます。。だから斜面近くはぐいっと曲がってます。
広葉樹は、地面に対して垂直にのびようとするので、木は斜めに生えてます。。こんなことがわかるのも、この山ならでは。。

本当に永い時間をかけて、育った木々。
これが自然なのだ・・・ほんとうに感動!!!

そんな木の根本をみてみると、次の芽が生えていました。。がんばれよ!!おっきくなれよ!!
2012-09-22 122 (450x800)

↓山の中で食べたお弁当。加子母名物、朴葉寿し。
2012-09-22 045 (450x800)
意外にこのシイタケとシーチキンがあうのです。。うーん。シンプルで、うまい!!

今回のツアーは、地元、旧加子母村にある、中島工務店さんの協力で実現できました。
本当に感謝です!

また是非、来たいと思います。

中島さん、ありがとうございました!!










Posted at 22:28 | 木のココロ | COM(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。