--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014.05.26

お茶摘み

2014.05.24

今年で2回目となる樽脇園とTS匠の会が主催するお茶摘み体験が開催されました。

今回お茶摘みをさせていただく会場です。お茶の葉が太陽の光を受けてキラキラ。
五月晴れが美しく、空とお茶の葉とのコントラストが素敵でした!

IMG_0887.jpg IMG_0886.jpg

説明のあとお茶摘み開始です!
樽脇園さんでは無農薬で有機肥料を使用し、お茶を栽培されているそうです。
静岡に住む私たちは毎日お茶を口にするものですので、無農薬の安心なお茶を飲みたいものですね。

IMG_0889.jpg

家族連れで参加してくださった方がたくさんいらっしゃいました。ありがとうございます!!!

私が学生時代教わったお茶の摘み方は、「一芯二葉摘み」と教えられましたが、それは品評会用とのこと。
一般的には、「下からしごき上げると、自然に茎が切れる」のでそれを収穫していくのだそうです。
これがものすごく気持ちがいい!!!
無心でぷちぷち・・・。

IMG_0890.jpg

1時間ほど摘んだところでいっぷく。

新月時に摘んだものと、満月時に摘んだものを飲み比べました。
新月摘みのものは、渋みが強く感じられたのに対し、満月摘みのものは甘みが強く、まろやかな感じでした。
これほどにまで味に違いが出るとは・・・。正直びっくりでした!

新月伐採はこの逆の現象を利用したものですが、実際体験してみると、ますます信憑性が増してきます!!!

IMG_0905.jpg

ちびっ子もがんばってくれました。

IMG_0906.jpg

今ではまったく見かけなくなった光景に写真を撮らせてくださいとお願いしたところノリノリで決めてくれました!
茶葉をいっぱいに入れるとおよそ20Kgくらいになるそうです。

IMG_0909.jpg

たくさんの方と青空のもとで食べるお昼ごはんは格別です☆
樽脇園さんのほうで出していただいた山菜のてんぷらはパリパリでとてもおいしかったです。他にもおでんを出していただきました。

IMG_0913.jpg

その後は茶工場を見学。

今日摘んだお茶が家に届くのが待ち遠しいですね☆

IMG_0923.jpg

お茶摘み体験はこれにて終了。

その後、自由参加で春野杉を見学しにいきました。
人の大きさと比較してもその大きさの凄まじさがお分かりいただけると思います。
春野杉に近づくたびに周りの空気が、浄化され凛とした空気が漂います。
そこにいるだけで気持ちが落ち着いていくのがわかります。
みんなで、幹に触れ春野杉に流れるパワーを感じ取っていました。

IMG_0944.jpg IMG_0945.jpg


イベントに参加して下さった皆様ありがとうございました。
スポンサーサイト
Posted at 14:28 | 日本の行事 | COM(0) |
2014.05.15

「第2回 新月のお茶摘みお茶摘み体験&山菜御前」ご案内

新緑のまぶしい季節ですね。
今年も新茶のシーズンがやってきました!


来る5/24に、川根本町の樽脇園にて
「第2回 新月のお茶摘み体験&山菜御膳」が行われます!


お茶も月の影響を受けて、新月と満月では味が違うそうですよ。


お茶摘み体験はもちろん、体験いただいた方にはうれしい特典も♪

・昼食には山菜の天ぷら(タラの芽、ウド、お茶葉など)を楽しめます!(おにぎりは持参)
・摘み取ったお茶は製茶し後日発送します!
・お茶の製造過程をご見学いただけます!
・ご希望の方には、天然記念物・樹齢1300年の「春埜杉」までご案内します!


~ご案内~

日にち: 2014年5月24日(土) 小雨決行

時 間: AM10:00~13:00 (受付9:30)

会 場: 樽脇園の茶畑 川根本町下長尾1802-1(川根本町と浜松の市境)

参加費: 大人1,500円 小学生700円 (未就学児無料)


お問合せ・お申込み:

 こころ現代民家研究所(株)

 <電話> 0537-28-7040(受付:AM9時~PM6時)
 <FAX> 0537-28-7041
 <E-mail> kokoro@minken.jp

※上記どちらからでも結構です。
★ご住所・お名前・雨天時連絡用の電話番号をお伝えください。

ご家族そろってお楽しみいただける内容となっております!
ぜひ皆様お気軽にご参加くださいね!

美味しい空気と美味しいお茶をみんなで楽しみましょう!

お茶摘みチラシ
お茶摘み1
お茶摘み2

Posted at 11:18 | 日本の行事 | COM(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。