2009.05.20

黒田家の米蔵修繕工事

菊川市、旧小笠町の「黒田家」。通称、黒田代官屋敷。この屋敷内の建物は、国の重要指定文化財になっています。(静岡新聞で紹介させていただきました。)
この黒田家の米蔵の修繕工事が現在、行われています。
用事があって、ちょっと現場を覗いてきました。
(残念ながら、ウチで設計をやっているワケではありません。。文化庁の管轄のようです。)
修繕現場
ここの長屋門は大変有名で、修繕も済んでいるのですが、お隣のこの蔵は、長年、足場とシートがかぶったまま、いつ倒壊するのか??という位にそのままになていたのですが、やっと、修繕の手が入りました・・・これから2年かけて、直していきます。
一般の皆さんがイメージする、蔵とは違い、穀物や農機具などを保管する蔵なので、土壁の厚さや小屋組みなどは、比較的簡単なモノになっています。それでも、150~200年以上経っている建物ですから、貴重なことは間違いありません。
蔵の柱が並ぶ
↑大きさは5間x約3.7間・・・梁間の柱ピッチが微妙な寸法になっています。
お屋敷と長屋門、そしてこの蔵。 梅園で有名な庭を含めれば、修繕が完了すれば、なかなか見応えがある一帯になります。。
現場に行ってみると、顔見知りの大工さんばかり。。実は、ここの仕事、地元の大工さんの組合が仕事を取って修繕と現場管理を行っているのです。
知り合い大工「おー。ちょっと。施工図描くの手伝ってよぉ。。大変だよう。。」
やま。「えーっ。もしかして手書き?」
管理までやってるので、写真や図面を残すのが大変そうです。。
↓虫食いなどで、だめになった梁を同じように型をとって新しく加工するトコロ。
梁の型をとる様子
大工さん以外にも、いつもウチがお願いしている左官屋さんも、工事に携わっています。
ちょうど壁の下地の試作をしてました。
しかも、ウチの現場では見られないような、いつになく、真剣な表情で。。大事な仕事してるんだなぁ。。(シュロ縄と藁縄をあわせて丸竹に巻きます。)
壁下地の丸竹
それにしても、この大不況の真っ只中。
建築では、皆、仕事がない・・・と言われるなか、地元大工さんたちは、2年間は、この仕事があるのだから、スバラシイ。。 建物って昔からそんな風に、雇用の基本だったトコロがあります。

↓さて、現場も見てると、これを発見。
古い柱
↑解体した部分に残るこの部分、150年以上経った柱なのですが、新しい材料のように、桧の節がくっきり。。恐らく内側は削れば、もとの木肌が出てくるでしょう。
「木」は伐採してから、150年経った時が一番強くなっている・・・といわれます。
法隆寺の五重塔の芯柱は、法隆寺建立から約100年ほど前に伐採された木なのだそうです。
昔の人は、ホント、良くわかっている・・木のことを・・。

1300年以上も前からの知恵や技術が、ちゃんと残っている・・そしてその実績はスゴイものなのに。
どうして、それで、住宅メーカーのつくる木造や、鉄骨の建物が良い。強い。というのでしょう。。
「家」の本質は何なのか?「建築」の本質は何なのか?
それは、最終的に、ずっと引き継がれ、残ってゆく・・ということなのではないかなぁ・・。

実は・・この「黒田代官屋敷」を建てたと言われているのは、「山下喜八郎」という大工です。
横須賀から川上の地に移り住み、名工として、地域のお寺などを手がけました。
そして、その家系にあたるのが、私なのです。
でも、この職業になる時には、そのようなコトは全く知りませんでした。不思議なモノです。。
技術を伝える・・伝統を伝える・・というのは当然ありますが、「運命を伝える」・・「血筋を伝える」・・というのもあるのかな。。と思う今日このごろです。

↓こころ現代民家研究所は「静岡」の木の家、気持ち良い天然乾燥木材の家、板倉の住まい、50年先に民家になる家造りを志して設計する、日本の木専門の静岡の設計事務所です。・・・ということでクリックおねがいします。
にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ
↓こころ現代民家研究所のウェブサイトはこちら
http://www.minken.jp/





この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する