--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.03.10

これ、何だかわかりますか?

先日、アトリエの玄関を開け、庭先をみると、何かがごろっと置いて・・いや捨てて・・あり。

たまにコンビニゴミを捨てていく無法者がいるので、

あっ。またやられた!!怒!と思いました。

近くまで行くと、コンビニ・・よりかなりデカイ。紙袋に紐でくくってあります。

あー。これは、粗大ゴミか・・電化製品かな。。

ついにこんなモンまで捨てられたぁ!怒。怒!

おとしもの1

と、ひょいっ。と持ち上げると、どうも電化製品のようでもないのです。。

持った感じ、陶器のような感触。

あ。これ、もしかして火鉢かも・・。

あー。いらない火鉢を誰かが、この研究所に置いていったのかぁああ。
ウチは骨董屋じゃないんだけど・・。

ま。火鉢ならあっても良いか。

と、くくってある紐をほどいて、紙袋からだしてみると、

えっ?何これ?・・火鉢じゃない。

おとしもの2

そうです、でてきたのは、どう見ても火鉢じゃありません。

カマボコ型で馬にのる鞍のような形のものと、その中に入るであろう、これまたカマボコのような皿。

どちらも陶器、、というか、瓦のようなイブシたもののようです。

ついでにでしょうか・・灰皿も。

これは一体?何?

カマボコの本体には3方に丸い穴が空いています。
そして、皿の縁には少しクボミがあります。

普通考えると、皿に油を入れ、クボミに縄を止めて、行燈(あんどん)のように使ったのか??

と思ったのですが、どうもそればかりではないようで、

円形の部分は、少し空洞になっていて、空気が通るようになっています。

行燈としては、こんなものはいらないでしょうし、

香炉としては、空洞が小さすぎて、香の出し入れができないようだし・・

結局何だかわからずそのままにしています。

ある、知り合いに聞きましたら・・

昔のコタツに入れた、アンカみたいなもんだよ。

と言っていました。

そう言われれば、そうかもしれません。

それなら、小さな空洞は、空気を暖める部分だということになります。

でも、3方に、灯篭のような円形の穴が空いているのも気になります。

アンカにそんな細工が必要なのか??

これはますますなぞになっています。。

どなたか、ご存知の方、情報をください!!

家の研究はしてますが、骨董や民芸の研究も必要ですね。。
この記事へのコメント
イイモノもらったじゃん。
後日談があったらまた聞きたいです。
Posted by こころ at 2010.03.11 18:34 | 編集
松永さん、ありがとうございます。
猫火鉢・・そのようです。
調べてみたところ
バンドコともいうようです。
岐阜の美濃加茂ミュージアムのHPに同じようなものがありました。
http://www.forest.minokamo.gifu.jp/data_box/dougu/3_12.html
来年の冬は、これが使えるようにかんがえてみるかな。。
Posted by sola at 2010.03.11 16:34 | 編集
こんにちは
これは猫火鉢ではないでしょうか?
昔の人はこの中に火種をいれて布団かけて使っていたとか・・・
私の家にある物と少し意匠が違うようですが・・・
現在私の家では再生して庭灯として使っていますhttp://ecokoumute.exblog.jp/7329906/
旧家の解体工事時に床下から出てきたのもを捨てるのがもったいなかったので照明カバーとして現在でも使っています(点灯するとするといい感じですよ)
Posted by 松永建築 at 2010.03.11 07:57 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。