--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.04.13

耐震診断の落とし穴とJR料金の不思議

先日、名古屋でボクが使っている、耐震診断のソフトを販売している会社の講習会がありました。

「耐震診断」は、静岡で言えば、TOUKAI-0(トウカイゼロ)という県の補助事業の中に含まれていまして、
当初は、静岡県独自の計算方法や計算ソフトでやっていたのですが、木造住宅の耐震診断というコトが全国に普及した現在は、「日本建築防災協会」で発行されたマニュアルに沿って行います。
その計算ソフトも、協会で認定されたものを使うことになっています。

認定されたものだけ・・というのも、個人や小さい会社などの工夫や発展、アイデアなどが繁栄しにくくなるので、あまりしっくりこないのですが、ココの会社は、様々なシュミレーションや、新たな取り組みを行っていて、好感が持てます。

↓やってきました。名古屋。ほとんどこのタワーのまわりしか知りませんが・・。
nagoya

今年の1/14の朝日新聞の夕刊記事にこんなコトが載ったそうです。

「精密診断より一般診断の方が、甘い診断となる!?」

これは、どうゆうことかと申しますと・・・
耐震診断には、大まかに3段階のレベルがありまして、簡単&低コスト順にならべますと・・

1:わが家の耐震診断(無料:家の持ち主や素人でも簡単な診断ができるYES・NO形式のもの)
2:専門家診断「一般診断」(無料:建築士が簡単な調査をする。その費用は市や県が負担する。)
3:専門家診断「精密診断」(15~20万程度:建築士が詳細な調査する。補助申請をすれば、1/2~1/3程度、市や県が補助金を交付してくれる)

1は、あくまで診断というより、その次に進むかどうかの判断程度のもの。
実際に補強工事をする場合は、「専門家診断」が必要になってきます。
この専門家診断の場合、2の一般診断は、3の精密診断の予備診断のような位置づけで、どこを補強すればよいか?のアタリをつけるような診断となります。ですので、3の精密診断より、安全率をとってある為、診断的としては精密診断より厳しい結果となる・・という説明がされています。我々、建築士の中でもそのような認識でした。

しかし、

この耐震ソフト会社が、独自にサンプル調査を行ったところ・・
60%以上の事例で、精密診断より一般診断の方が甘い診断となる・・という結果になったというのです。

これは、木造住宅が実に様々な形状や寸法でできていて、この安全率だけではその多種多様な要素を吸収しきれていない・・・というコトのようです。

仮に、一般診断で「倒壊しない」と判定されていた家でも「精密診断」で「倒壊の恐れがある」になる可能性がある!ということになります。

一般診断は無料ですから、皆さんは気軽に受けられますが、精密診断はユーザー負担がありますので、もし一般診断で「倒壊しない」と診断されれば、わざわざお金を払って、精密診断をして確かめたりはしません。

一般診断をされた方で、評点が1.0に近い診断の場合は、精密診断をすることをオススメします。

・・・ということで、行政やソフトに頼ってばかりではダメで、最終的には専門家である我々の経験や現場感覚を踏まえた上で、総合的に判断する!というコトが大事だと思いました。

やっぱり木造は、奥が深い!!

↓講習の帰りに見つけたモニュメント。カワイイですよね。。
同じ形のモノが、地元菊川駅にもあるのですが・・・どうしてこんなにちがうのか?センスの差だなぁ。。
monyumennto
さて、全く関係ないお話ですが・・・帰りの電車で気がついたコト。それは・・電車の料金。
名古屋から菊川駅までは、普通列車で¥2520かかります。

ですが、途中の浜松で一度改札を出て、切符を買いなおし、菊川まで行くと・・ソチラの方が安いのです!
えっ? と思われる方、試してみてください。
ちなみに・・名古屋→浜松が¥1890で浜松→菊川が¥570で合計¥2460で、¥60円安い!

一般的には、途中で降りると料金が高くなる・・といわれますが、そうではないのです。
面白い・・と思って、調べましたら・・逆方向の東京→菊川間でも同じ現象が・・。
しかも、小田原で一度降りると何と¥230も安いのです。

これは同じ地域を競合する私鉄などがある場合は、単純に距離の料金ではなく、割安となっているのでは・・??
調べれば、もっとあるかもしれませんね。。

普段、当たり前と思っているコト。実はよーく考えたり、調べたりすると違うことがあるモノだ・・と感じた1日でした。


この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。