--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.04.19

「お茶十徳」と「つもり違い十か条」

先日、お茶産業についての聞き取りに、茶と建築の専門家、N氏とあるお茶屋さんに行ったときのこと。

↓お話を聞きながら、ふと見上げるとこんな額が・・
otyajyuttoku
うーむ。一部何と読むかはわからないのもありますが、内容は分かります・・。
お茶には、これだけの効用がある・・あらためて見ると、昔は「薬」として取引されていた・・というのは納得です。

ご存知の人はご存知ですが・・
今年の「お茶」は大変なことになっています。

3月末の凍害(一部の若葉が凍ってダメになってしまった。)は知られていますが、
この気候のせいで本来なら今頃、お茶畑は、黄緑色の新緑で覆われているのですが・・
今年は↓こんな感じでマダラ模様。
otyabatakemadara

こんな茶畑は、今まで見たことがありません。
収穫時期が遅い、山間部はまだこれからなので良いですが、牧ノ原台地南部などの被害は甚大です。

昨年は、逆に豊作すぎて、取引価格が暴落・・お茶農家も大変な状況になってきました。

でもこんなに効用のあるお茶ですから・・皆さん、静岡のお茶を今年も飲んでくださいね。。

さて、お茶屋さんには、もうひとつこんなコトがかかれたモノもありました。

「つもり違い十カ条」

一、高いつもりで低いのが「教養」
一、低いつもりで高いのが「気位」

一、深いつもりで浅いのが「知識」
一、浅いつもりで深いのが「欲望」

一、厚いつもりで薄いのが「人情」
一、薄いつもりで厚いのが「面皮」

一、強いつもりで弱いのが「根性」
一、弱いつもりで強いのが「自我」

一、多いつもりで少ないのが「分別」
一、少ないつもりで多いのが「無駄」

・・そういえば、一昨年、行った鳥取の三徳山でも、同じモノを見ました。
「つもり違い」気をつけます。

お茶屋さんでは、他にも色んな面白い話を聞きました。
またの機会にアップします。。





この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。