--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007.11.23

建築模型とマジメな建築士たち・・

「生活と建築の創造展」ただいま開催中です。
昨日は、私の担当日でした。
昼12時~夜8時までの開催で来場者82名!沢山の来場ありがとうございました。
オープニング以来、82名は最高入場者でした・・・がこれは近くの専門学校の学生さんが授業の一環で30名ほどまとめて来場があったからです。
↓玄関ホールがはじめて、人でいっぱいに・・・
日建の生徒たち

皆さん、真面目に???われわれのパネルを見ていってくれました。ありがとう。。
さて今回、1階は建築士たちの作品ブースになっていますが、2階は「建築模型で造る町並み」と称して建築士たちの造った模型を集めて展示しています。展示ブースはワタシがプロデュースしました。
↓会場はこんな感じ・・。
模型

各建築士を紹介するDVDを随時流しています・・(これもワタシ作です。)
是非ご覧になってください。
この建築模型の展示に際し、下記のような「思い」で企画しています。

「建築模型で造る町並み展」
私たちが生活する街は、様々な要素で成り立っています。建物、人、植物、車、道、川や山・・・・どれをとっても無くなって良い・・というものではなく、それぞれがバランスを保ち、それぞれが機能しながら街が成り立ってゆきます。もし、そのバランスが崩れた場合でも、必ず何とかそのバランスを保とうとする働きが何かしろ、発生します。それは、災害であったり、事故であったり、何か全く別の形となる場合もあるかもしれません。 この街のバランスが最近の経済優先、合理主義の社会により、崩れてきているのが今の世の中なのではないでしょうか。その街の中で人が生活する建物には、必ず「建築士」がかかわっています。
我々建築士は、自分たちが街のバランスを保ってゆくんだ。という「責任」。そしてこの街を形成するもっとも重要な要素を創造できるという「喜び」と「誇り」を常に持って業務に取り組んでいるのです。しかし、耐震偽装等で問題となった建築士はそれを忘れてしまったと言えるのかもしれません。 建築模型を作るとき、我々は自分の持つ最大限の創造力で取り組みます・・どうやったら良い建物になるか、どんなバランスが良いか、施主の希望は、街並みとのバランスは、造形的な美や自然物との調和は・・頭の中をぐるぐるさせながら模型が出来上がってゆきます。そんな時は、とても偽装だとか考えもつきません。純粋に「良いモノ」を創ろう!というオーラで包まれます。そのオーラを持ち続けていれば、「嘘」をつくワケがありません・・だって良いモノを創るという気持ちは、いちばん大事なことですから・・いちばん楽しいことですから・・・。
エキジビジョン担当:やましたしんいち


↓生活と建築の創造展 あと3日です!!
開催:平成19年11月25日まで!
会場:浜松旧銀行協会(静岡県浜松市栄町3-1)
時間:10:00~20:00・最終25日のみ10:00~18:00となっています。

住宅相談会とテーマを変えたセミナーを行っています!
セミナー開始時間は15:00~と19:00~の2回あります。
建築展に関する問い合わせは・・・
建築士会浜松支部:電話053-454-9004

※私やましたは、24日(土)PM・25日(日)終日 は会場にいる予定です。是非お声をおかけください!!
↓こころ現代民家研究所は100%国産材の家造りをしています・・・お願いします!クリック。
にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ


この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。