2012.03.19

やっと確認申請がおりました。。

新城の町屋、やっと確認がおりました。。工事着工ぎりぎりでした。。

でも市に提出したのは、なんと1月11日。2ヶ月以上もかかって、やっと。。
新城確認1

申請してから、そこまで時間が・・何時の時代??と言われそうですが、自分自身もオドロキでした。。

一般的には、今は民間の機関で申請の受付、審査を行うので、はやければ申請後、数時間でおりるのが普通のおはなし。今回は、申請地に民間の機関がなかったこともあり、市に提出してみよう・・とたまたま軽いキモチで、出しただけでして・・・。
静岡では、民間機関に出すことは一般的ですが、申請料金は高額で、逆に市に出すと、料金は低く、時間がある場合は、市に出すこともあります。市の担当職員さんは、だいたい地元の人なので、いろんな情報もおしえてくれます・・・そんなイメージで、申請をしたのですが・・・。
まったく思惑は逆になり、申請費用は倍、時間は60倍、手間も何倍もかかってしまいました。。涙。。

数年前の法改正で、確認申請のシステムが変わったことも原因らしく、市の提出も、実際には受付ではなく、公共工事等の大きな物件でやるような事前審査のような形となっていました。
しかも、実際に審査をするのは、名古屋の県庁。訂正や受け取りにも、名古屋まで行かねばなりません。

確認申請には、そもそも建物の規模によって資格を設けています。そしてその資格者が設計した建物について、建築基準法や、都市計画法などの基準に適しているのか?を確認する・・というものであります。
確認は、確認。 許可でも、承認でもありません。もともと資格者が設計しているのですから、内容を確認できれば、良いハズなのですが・・・静岡では要求されない図面や、事柄があったり、、そもそも法律ぎりぎりいっぱいで建てようとか、法律の裏をかいて計画しようとかゆう建物でないのは明らかなのに、、まったく同じような審査をする体制には、とても憤りを感じました。。確認申請は、書類の審査、許可ではない・・・何のために??といえば、建物の安全や、町並みや環境の保全、そこに住む住民の為、良い建築を建てるため・・のハズが、全く違うモノになっていました。。もっと時間をかけなければならないことは沢山あるというのに・・・とても残念でした。。

が・・申請には、とても残念な思いでしたが・・・名古屋の県庁の建物はとてもレトロで良かったデス。
sinsiro031902

↓中庭を見下ろすと、こんな感じで、手焼きのタイルや、煉瓦の建物が見えます。
sinsiro031903

こーゆう建物は小物類もとてもレトロです。
窓の取っ手や、看板の文字なんかもイイ感じ。。審査で傷心したココロをいやしてくれます・・笑。
sinsiro031904

建物は昭和13年竣工ということで、隣の名古屋市庁舎(昭和8年竣工)と同時期なのですが、日中戦争などの影響もあったということで、市庁舎よりも少し素材や装飾は少し控えめな感じです。
「県庁舎の歴史」
お隣の名古屋市庁舎も、かなりオススメです。。
中が迷路のようになっていて、、方向音痴ではないと自負している私も、少し迷いました。。
sinsiro031905

愛知県庁の中で、いちばんオススメは、なんと言っても、レトロな食堂と格安メニュー!!
↓食堂前のウインドーには、名古屋チックな美味しそうな料理がずらり。。
sinsiro031906
中も、大衆食堂みたいな感じです。。
sinsiro031909

そして、やっぱ名古屋ですから、、みそかつ!といことで「みそかつ定食」¥500。安い!
sinsiro031908
一般の人も普通に入れますし、11時前だとランチはないですが、、¥350のお弁当が売ってます。。
ちなみに、、市庁舎の食堂も安いメニューがありますが、、雰囲気は断然、県庁がグッドです。

栄の街観光も良いですが、意外なところで、庁舎というのもあり・・かも。。
(市庁舎のすぐ東にある、煉瓦の建物、市政資料館もオススメです。)

さて、確認もおりましたので、現場はどんどん進みます!がんばるぞう!!























この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する