--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007.11.27

古い家屋の傾きをローテクに直す!

小さな古民家の再生をやっています。
もともと家の傾きがあったようで、十年前位にアルミサッシにリフォームされてますが、建て起こしはしないで、斜めのまま、調整の枠を斜めにつくってサッシをとりつけていました。
その傾きは・・2メートルで約6センチ。。応急危険度判定や限界耐力計算(構造計算)で設定するギリギリのラインです・・・でもそれだけ傾いていても日本の家は倒れない・・とにかく傾きに強いのが日本の軸組の特徴である・・という証明でもあるのかも・・・。
さげふり

それでも、このまま使う・・というワケにもいきません。。
全体をジャッキアップするのが一番良いのですが、それには時間も予算もかかります。
そこで、すごくローテクですが、、単純に引っ張ってみることに・・・。
↓渡りアゴで小屋の梁の出ている部分にチェーンを引っ掛けて、ターンバックルで人力でまわします。。家屋を引っ張る

隣に広い駐車場があったので助かりました。できるかぎり引っ張り角度をゆるくしたいのです。。
↓引っ張りの根元はどうしてるかといいますと・・すいません。電柱を拝借いたしました。
電柱

さすがにこれだけで建て起こすのは難しいので、反対の押す側には、ジャッキをかい、引きと同時に押す作業も行いました。。家の中の建具はすべて外して、さあ、引け!
「ギリギリギリッ」という音とともに少しづつですが傾きが直っていきました。
だいく「おーいいよ。いいよ。あと3寸、いける・・」
6センチ(2寸)の傾きが半分に・・さらに逆側も建て起こし作業をすると、傾いていた柱がほぼ垂直に直りました!(スゴイ!)
ローテクで意外にできるものです。。電柱さんありがとう。
でも、日本の家屋ってもともとこんな風に、直せる・・ということが前提の造りなのだ・・と感じます。土壁やふすまなどの引き戸は、こんな時、大変便利です。。これにもし、開き戸ばかりだったら、取り外しと取り付けにかなり時間がかかります。。
昔は隣近所、皆で引っ張ったのでしょう。。ま。これでとりあえず、工事に入れます。。

↓こころ現代民家研究所は100%国産材の家造りをしています・・・ということでクリック。ホントお願いします。
にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ






この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。