--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014.03.14

三和土ワークショップ開催しました!

2014年3月8日

「NPO法人伊久美楽山舎」と「天空の回廊 地域資源を活かしたツーリズム推進会議」主催の

「三和土ワークショップ」を 島田市伊久美二俣にて開催しました!

↓今回講師は、当方のお仕事でもお世話になっている左官職人の山本さん!
たたき03
「三和土」タタキって、普通は読まないけれど・・三つの材料を混ぜるから、こう書きます・・。
ひとつは土。そして石灰。あとは、お豆腐なんかにも使われる「苦汁(にがり)」
今回の苦汁は、掛川の「沖ちゃん塩」でつくられた、天然の苦汁。

今回用意したのは、庭屋さんでも使う「サバ土」ですが、昔は近隣の山などに三和土に適した土を採る場所があって、その地域の土を使っていました。
適しているのは、粘土質のもので、砂が適度に混ざっている方が良いです。
ペットボトルに水と一緒に入れて良くふり、沈殿させるとその比率がわかるのですが、大体、砂と粘土の比率が、8:2~9:1位のものが良いです・・。

三和土作業の前に、まずは三和土の道具づくり。
「やまめ平」の代表、清水さんが、丸太を使った簡単な道具の作り方を指導してくれました!
たたき04

意外にも、道具づくり・・面白い!広葉樹でも、まだ伐ったばかりなので、加工もし易い・・
ノコギリとナタで簡単にできます。
たたき01たたき02

・・・さて、道具ができたら、いよいよ三和土!
たたき06
↑炭焼きWSに引き続き、今回も「東京農大」の皆さんが参加してくれました。
 まずは土運びから・・おおっ女子もたくましい!

↓これが今回の重要アイテム!手で混ぜると大変なんだよね・・石灰も準備完了!
たたき05たたき07

まずはミキサーに土を投入・・バケツで2杯・・そして石灰をヒシャク4杯・・土質によってこの比率は変わるそうです。
・・・ゆっくり混ぜていきます。

↓その後、にがりを少々・・これが「天然にがり」
たたき09

水を少しづつ加えながら、さらに混ぜていきまして・・・
たたき08

軽くにぎって、固まるくらいの粘りになったらOK!・・うん、これくらいでバンバンつくりましょう!!
たたき10

混ぜた土をいよいよ土間へ!!
たたき13たたき11

さあ! みんな、タタキ開始!!
とにかく・・ひたすら・・叩く、たたく、タタク、、がんばれ!!

たたき14

↓今回は、SBSテレビさんが取材に来てくださいました!山本さんインタビュー中!
たたき20たたき19
子供たちも参加!「テレビにうつるぞう・・がんばって!!」

・・・さて、午後になっても、ひたすら、タタキ作業がつづきます・・
たたき15
想像以上に、大変な作業! でも素晴らしい、人海戦術!! でも楽しい、タタキ作業!!

↓やっと2回目のタタキが終盤! 玄関のあたりに瓦のカケラを埋め込んで。。
たたき17

仕上げに小石や砂利を少々バラまいて、埋め込み、スポンジで軽く洗い出します。
たたき16

約3時間、参加人数、約40人で、やっと8帖ほどの土間三和土ができました!!
たたき18
うーん。 コンクリートとはちがって、とても暖かい、イイ感じ。。

参加の皆様、お疲れ様でした!!

最後まで作業してくださった皆さんで、記念撮影!

たたき21

ほんとに・・お疲れ様! そして、ご参加ありがとうございました!!

ほんとに・・疲れました・・が、とっても心地よい疲労感。みんな笑顔で完成しました!

・・・・私は、数日、腕がパンパンでしたが・・涙。。

さて、今回のワークショップの様子が、SBS静岡放送の番組「イブニングeye」にて放送されます!

放送時間は、18時30分ごろ・・ 放送日は、まだ未定ですが・・ いつかなぁ・・楽しみです。


















この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。