--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014.11.24

「古材部分移築と土壁の家」構造見学会開催されました☆

お施主様のご好意により構造見学会を開催することができました。

造り捨てられてていく住宅に疑問を持ったお施主様が、安心して永く住み継いでいける住宅を造りたい。という思いからスタートした家づくりです。
明治期に建てられた古民家を丁寧に解体し、古材を一部使用することで、実現した物件です。

IMG_1654.jpg
足場とシートで全貌が明かされていませんが、外観はこんな感じです。

IMG_1674.jpg
左官屋さんが一本ずつ丁寧に小舞を編んでくれました。
太陽の光がやわらかく落ちてとても綺麗です。

IMG_1677.jpg
柱も大工さんが丁寧に修復してくれました。
古材は一回解体してしまうと、材料が反ったり、ねじれてしまうので、上棟するまでとっても大変だったと思います。
それを何とか納めてしまう技術力の高さに脱帽です。

IMG_1689.jpg
居心地のよさに話が弾んでなんだか楽しそうです。

構造見学会に足を運んでくださった皆様、見学会を快く承諾してくださったお施主様、どうもありがとうございました。


この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。