--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.05.01

銭湯バンザイ。 菊の湯

ココロアトリエのすぐ近く。歩いて2、3分のトコロに、「菊の湯」という銭湯があります。
昨日は、ずっとプランを考えて、お風呂に入れなかったので、今日は先に・・と思い、いってきました。
なにせ、夜6:00~9:00までの3時間しかやってないので、いつもチャンスを逃してしまうのです。。
↓菊川駅前をとにかくまっすぐ南下して約300~500m、この菊の湯があります。

菊の湯

温泉施設みたいなものがはびこっている世の中で、昔ながらの「銭湯」というのは本当にめずらしい。。浜松~静岡の間で、銭湯といえるトコロはココだけなんです。
銭湯料金は、いまどき、350円。(シャンプーとかその他、必要な物は全くないので持参すべし。)
藤枝のこころでは、「ゆらく」がマイ風呂でしたが、ココも、懐かしい感じでなかなか良いです。
不思議なもので、「ゆらく」のような温泉施設では、あれだけ行っていても知り合いは、ほとんどできなかったですし、中での会話もあまりなかったんですが、やっぱり庶民の銭湯。番台のおばあちゃんとの話から、やっぱり人との会話があって面白い。。
そして、本日はこれぞ銭湯。。という場面に出くわしました。。というは、、
「お湯」と「絵」・・というか「彫り物」というか。。そう「ヤ」さんの「刺青」と「湯舟」です。
これは、なんとも絵になる。。温泉施設では、刺青の人は出入り禁止になっているので、全く見られないですが、ココは、銭湯。さすが銭湯。。
今度、写真とらせてもらうことになりました。。はは。。すごく、気さくな方でした。
オカミの決めた法律でがんじがらめの世の中よりか、
こんな情緒が、残っていて、人間関係で成り立つ社会のほうが良いよなぁ。。と感じたひと時でした。
↓浴槽はタイル。銭湯らしい洗面器も。。
銭湯


↓こころ現代民家研究所は、日本の情緒を大事に。日本の森を大事に。100%国産材の家造りをしています・・・ということでクリックお願いします。
にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ

この記事へのコメント
こっちのお風呂の方が良いなんて、さすが、アンタは若いのに変わった子だね。。
Posted by やましん。 at 2008.05.17 03:33 | 編集
ずいぶん前のネタについてのコメントですが・・・
ケ○リンや~!
いいな~いいな~。近所にお風呂屋さんがあって羨ましい!
「ゆらく」は公衆浴場とはいっても、お風呂屋さんではないので、わたくしには物足りない感があります。
京都では、常連さんである地元お年寄りが話すコミュニケーションスペースとなっております。わたくしのような他所モンが行った際には、内容が近所の話題で会話についていけません(笑)
藤枝はもう絶滅したようなので・・・静岡市内散策を目論んでいる今日この頃
誰か教えてくれませんか?・・・公衆浴場協同組合の方がはやい?
ではでは・・・
Posted by なつーめ at 2008.05.15 13:16 | 編集
よろしくお願いします。
Posted by 奏の家 at 2008.05.02 05:29 | 編集
風呂場の写真をとろうと思っておばちゃんと話してたら、「ヤ」さんともうひとりの人が話しかけてきまして、それからお話できました。銭湯は距離が近いのでなんとなく声かけたくなってきますよね。。今日は、たまたまよった。というおじちゃんとも知り合いになって、シャンプー借りました。
あ。障子はチエックにいきますね。。
Posted by やましん。 at 2008.05.02 03:36 | 編集
山下さんから「ヤ」さんに声をかけたの?
追伸:しょうじの動きが悪いです(一枚)
Posted by 奏の家 at 2008.05.01 22:40 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。