2008.05.04

木のミゼット

本日もお仕事をしております。。でも、連休は車の行き来も少ないし、ホント静かです。
散歩の人もいつもより多い気がしますし、ウチが来る前はこのアトリエを住処にしていたと思われる猫たちも、何か、のんびりくつろいでいる気がします。。
アトリエ玄関の丸椅子に座って、こっちもボーっとしそうです。。
その玄関脇のカウンターに先日、清水アートクラフトフェアで、衝動買いしてしまった可愛い陶器の家と、木でできたミニカーが置いてあります。なかなか可愛いですよ。
↓ちっちゃな家は、スリットが入っていて、カードホルダーになります。ミニカーはちゃんと車輪が動くところがミソ。。
家と車

陶器は、兵庫県の創作陶芸作家のウエダキヨアキさん(charley's house)の作品。
車は、長野県の藤森和義さん(こぶたの森)の作品。
どちらとも、小さいけど良いシゴトしてます。。
実は、車はもうひとつ買ってしまいました。。アトリエのトイレの窓際に、ソレがあります。
↓木でできたミゼット。カリンを使ったそうです。
ミゼット

ほかにも沢山、ありました。。意外に高価なので悩んだんですけれども。。
↓木でできたミニチュアカーたち。すべて着色はしていないそうで、木の種類によって全く色が違うんです。
ミニチュアカー

それにしてもやっぱり木は落ち着きます。。
建築も木によって表情を変えて表現できれば良いなぁ。。と思います。

↓こころ現代民家研究所は、木のもつやさしさを大事に、100%国産材の家造りをしています・・・ということでクリックお願いします。
にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ



この記事へのコメント
 この木の車!私も印象に残っています。着色していないとは!!びっくりです。木、土、布、紙・・・。いつも触れていたいです。クラフト展ハマりますね。河野愛子さんののれんは、完売でした。
Posted by ささゆり at 2008.05.14 23:35 | 編集
管理者にだけ表示を許可する