2008.10.25

塗ってみよう。蜜蝋(みつろう)ワックス

久々にブログをアップ&リニューアルしました。。
そして、今回から動画も入ります。。ということで今回は・・・

「無垢の床や壁のメンテナンス」・・・蜜蝋ワックスの塗り方
蜜蝋ワックス


ココロのやる家は、全て床は無垢板を使います。そして、その無垢材には一般の皮膜をつくるようなワックスは、木の収縮にも対応できませんし、木材の湿度調整機能や肌触りなどの良い部分が損なわれてしまう為使えません。
ココロでは、蜜蝋ワックスを手作業で塗っています。蜜蝋ワックスとは、ミツバチの巣の中で生成される成分を元につくられた100%自然素材のワックスです。無垢のままですと、手垢がついたり、水などが染み込んだりしますが、これを塗っておくと、汚れ防止、撥水効果が得られます。
施主さんにも無垢材との最初のお付き合い・・ということで、完成時には我々と一緒に塗っていただいています。
↓完成直後のお宅で蜜蝋ワックスを塗ってみました。



はじめに塗ってから、約半年おきくらいに塗ると良いでしょう。
頻繁に使う場所や台所の床などは、もう少しこまめに塗った方が良いかもしれません。
塗り直す時には、古いワックスをしっかりとる必要があります。メラミンスポンジを使うと良くとれます。

↓こころ現代民家研究所は100%国産材の家造りをしています・・・ということでクリック。
にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ

こころ現代民家研究所
http://www.minken.jp/
この記事へのコメント
蜜蝋ワックスよさそうですね、スポンジを使って車のように塗るとはおもいませんでした。また使えますしよさそうでうね
Posted by T設計室一級建築士事務所 at 2008.10.26 07:11 | 編集
管理者にだけ表示を許可する