--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.12.07

水中乾燥の木材、宮内大工の仕事

しずおか木造塾で講師をしていただいた大津の宮内さんの手掛けた家の見学会に参加してきました。(テレビの情熱大陸で放映された物件です。)
場所は、滋賀県大津。もうほとんど京都という位置。
宮内さんが今、注目を浴びているのは、「水中乾燥」という木材を水に一旦つけてから乾燥させる方法を自ら実践していること。そして、ボルトを使わない伝統的な組み方によって大工の技術伝承と、地元の杉材を使うことに繋がる家づくりを積極的に取り組んでいるトコロ。
特に、今回の物件で初めて実際の建物に応用した溝法「4寸角挟み梁溝法」は、試験場での実験によって実証されたデータを基に造られた、地元の木材を最大限に利用したスゴイ木造です。
宮内建築 現場見学会1
そして、水中乾燥は、自然の力を借りてしっかり木を乾かす方法として昔はやられていたのですが、
昔は木材の貯木場には、木をつける水槽がありましたし、海辺の木材屋では海水と淡水を混ぜた所に木材をつけていたようです。
流通や運搬方法、人工乾燥機械の普及、そして杉材のコスト安等で全くおこなわれていません。
これは、新月伐採と同じことなのかもしれませんが、木材を水につける・・・という行為は、どんなトコロでもつい最近まで行われていたのです。
聞いた話によると、樹種は違いますが、シロアリの害が多い沖縄でも、田んぼに水を張って木材をつけるということが行われていたようです。これは、乾燥というより、防虫のために行ったと聞いています。
宮川建築 見学会2
水中乾燥した木材の印象としては、本当に割れが少なく、表面が硬くなっていること。
↑写真のような組み方で、ボルトを使わず、「雇い(やとい)」という木の貫を入れてそれを木の栓(込み栓)で止める・・というやり方なのですが、一般的に、「雇い」に使う木は、杉ではなく、もっと硬い樫や楢、桧などを使うのですが、今回はこれもすべて杉。それだけ水中乾燥によって杉材の質が変わっているのです。本当にオドロキです。
それから、今回の物件は石場建て。基礎につなげないでそのまま載っているだけ。。これは限界耐力計算で申請を通しているのですが、今年の6月以前に確認申請を通しているので、現在の法律ではなかなか難しいかもしれません。

↓現場見学会の様子はこちら・・・


とにかく、宮内さんは我々のやりたいことをみんなやっている。。。。スゴイ!
そんなキモチは、今回も感じました。
そして、同世代の人間としてものすごく刺激になりました。
大工にしかできないことなのかもしれないけれど、設計者にしかできないこともある。
今回も、一緒にやられた設計の川端さんの力と宮内さんの力の結集力を感じました。

↓木塾の「森を知る与作ツアー」参加者募集中です!
「木塾のブログサイト」

↓こころ現代民家研究所は100%国産材の家造りをしています・・・ということでクリック。
にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ

こころ現代民家研究所
http://www.minken.jp/


この記事へのコメント
Kさん。コメントありがとうございます。
私自身はまだ、水中乾燥をやっているワケではありませんので、今までの経験や、色んな方のお話を聞いた上でのあくまで、私個人の意見としてご理解ください。
まず、人工乾燥(一般的に高温乾燥といわれるもの)でも、木の内部の全ての水分や樹脂分を取り除くことはできませんので、水中に入れれば、残っているそれらの水分などは出てくる可能性はあると思います。
しかしながら、何故?水中乾燥をするのが良いのか?というと、木材を構成する繊維を傷めないで内部の水分を抜くことができる・・と私は考えています。ですから、乾燥後は純粋に繊維だけがしっかり残り、材質が変わったように硬くなっていたのではないかと推測しています。
繊維を傷めないから良い・・と考えれば、はじめから高温乾燥で繊維を傷めている人工乾燥材では、そのメリットがなくなっている・・と考えます。
また、木の中の水分や樹脂分は、全て抜いてしまわない方が、繊維の粘りや構造的な用途においては有利だとも考えています。
水中乾燥の期間的なことは、実際にやってはおりませんので、逆に結果をお教えいただけれるとありがたいです。
宮内さんのところでは、半年間水中乾燥し、その後半年間、天然乾燥し、さらに製材した後、半年乾かしているそうですので、水中乾燥だけでなく、自然に大気にさらすこともかなりの長期間行っています。最終的な含水率は15%程度のようです。
以前、知り合いの宮大工が、丸太を買ってきて、水につけて1~2ヶ月すると白太の部分の樹液がでてくる・・そうしたら水からだして乾燥させる・・赤身の樹液は出さない・・とも言っていました。

以上、答えにはなっていませんが、私も研究してみたいと思います。また実験結果など、お知らせください。

Posted by やましん at 2009.07.24 14:13 | 編集
こんにちは。水中乾燥について教えて欲しい事があります。
2×4のSPF材の人工乾燥材を再度水中に入れて余分な樹脂を出す事などは可能でしょうか?
某掲示板で質問したら「全く無意味だし、逆に反りや割れになり良い事は一つもない」と言われました。
納得出来なかったので、自分で2×4の乾燥材を3本買い、水中に入れて2週間経ちました。油はちゃんと浮いているので余分な樹脂は出ています。今の所(当たり前ですが)反りや割れは見当たりません。
ここで質問何のですが、2×4ぐらいの厚みだと大体どのぐらいの期間水中に沈めて置けばいいのでしょうか?
漠然とした質問で申し訳ないのですが、どうかご教授お願いします。

お望みであれば感想工程で割れや反りが出たか出なかったかを報告します。
Posted by k at 2009.07.21 10:33 | 編集
こんばんは。やましんさん。
こんなに早くレスが貰えるとは思っていませんでした(汗
昔は運送が発達していないで川を使い材木を運搬していたから自然に水中乾燥になっていたと言う説もありますね。
私も建築関係の仕事をしていましたが、いつも工期に追われていました
仕事が出来る人は手を抜ける所は抜いて、ちゃんとする所は手を抜くなと言いますが、どうも自分には納得できませんでした。
今の時代は早ければなんでも良いという傾向が見られ、何か雑で大切な物が見失われているような気がします
値段を気にするお客が増えたのでしょうか・・・
一般建築でもあと数百万出せば2倍の長持ちする家が建てられるのにと西岡師もおっしゃっていました。
数千万も出して建てるのに後数百万出さないで50年ぐらいでダメになる家建てたって木が可哀そうだと。
せめて切り倒されるまで生きた樹齢以上は木材として生かしたいとも。宮大工としては勿論ですが、人間としても国宝級だと思います。
一度もお会いしないうちにお亡くなりになってしまいましたが・・・・・・・
飛鳥時代からの知恵に気付き研究し実現させた西岡師のような人がいつまでも先人の知恵を忘れられないようにちゃんとした人間に受け継がればいいと思います。
西岡さんの話ばかりですいません。

宮内さんの屋根のアールの部分なんて美しいですね。屋根裏に潜り込んで実物を見てみたいもんです(笑)
小生神奈川なのでいつか京都に旅行にでも行った時にでも・・・・(おうちには入りませんが)
小生がやましんさんへ教えて差し上げる事なんてないと思いますよ。漂泊材なんて使っているのには驚きました。
古き良い木造建築と国産木材の復旧活動応援しています。やりたいとは思いますが、簡単には出来ない仕事ですからね。季節の変わり目なので御体に気を付けて下さい。ではでは

Posted by k at 2009.06.20 00:09 | 編集
Kさん。コメントありがとうございます。
そうです。好きなんです。
西岡さんの本は一冊だけ自分で持っていまして、あとは、図書館で借りてきて読みました。すごく勉強になります。
4分割というのは、芯去り(中心をはずして)で柾でとる方法だと思いますが、今、問題は、正しく製材できる製材屋さんがいなくなってきています。
たぶん、天竜材でしたら、柾で桁がとれるような大きな丸太があると思うのですが・・。
水につけておくというのも、宮内さんの材を目の当りにして、やっぱり良いんだ!と感じました。
天然乾燥するときも、雨にさらしておかないと、後でしっかり乾きませんし、クセやワレも違うようです。製材屋さんや丸太市場にも、昔のなごりで、貯木する水槽のようなものが残っています。。が、今は何と、水の変わりに、木を白くする漂白剤が入っています。
また木の情報がありましたら、おしえてください。
ありがとうございました!
Posted by やましん。 at 2009.06.19 14:21 | 編集
このコメントは管理者の承認待ちです
Posted by at 2009.06.19 02:43 | 編集
木造がすきなんですね。
今は亡き最後の宮大工西岡常一師の本は読んだ事がありますでしょうか?
水に漬ける事により、余計な樹脂が無くなり割れや反り、狂いがなくなるそうです。柱も丸太をそのまま使うより、大きな木を四分割にして使う方が割れや耐久性がよくなるそうです。
ヒノキの切り倒す前の樹木を見て良い木の区別やこの方角に生えているからここに使うなど、本当に勉強になる本ですよ。いくつか出版されているので気が向いたら一度見てみて下さい。
長々と失礼しました、では
Posted by k at 2009.06.19 02:39 | 編集
このコメントは管理者の承認待ちです
Posted by at 2009.06.14 16:14 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。