--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.12.16

電気コンロVSガスコンロ、クッキング。

取引のある設備関連の会社が、2階をリフォームして電気コンロ・・・といっても今はIHクッキングヒーターと、ガスコンロの両方体験できるような体験ルームをつくった。。ということで、体験をしに行ってきました!IHだけ、ガスだけ、という体験教室はありますが、両方というのはなかなかありません。
IHは、新築ありフォームのとき、初めて使う。。という人がほとんどですので、是非、体験をしてから使った方が良いと思いますが、ガスは・・というと大抵いつも使っているから・・・と考えがちです。ですが、最近のガスコンロは進化してますので、ガスコンロ体験も大事だなぁ。と今回思いました。
↓まずは・・湯の沸騰から。フライパンに水を入れて沸騰させます。
沸騰
沸騰のスピードは、断然、IHが速いです。もう1分もしないうちにボコボコと気泡が発生します。
ガスは、フライパンが温まってからですので、3分くらいかかります。
湯の沸き方で気づいたのは、速さだけでなく、湯気の出方。(奥がIH、手前がガス)イメージでは、煙や湯気はIHは発生しにくく、ガスはバンバンでる・・・という風に勝手に思っていたのですが、見た目は逆でした。。これは、空気の対流によるもので、IHは燃焼がないため、空気の流れがなく、湯気がそのままただようので見えますが、ガスは燃焼により空気が対流をおこし、どんどん上に上がっていくのでその場には見えないようです。この湯気の出方を見れば、レンジフードの種類をIHとガスでは変えないといけない。。というコトがわかります。

さて、次に朝食定番の魚(鮭)を焼いてみました。
フライパンと同じように、ガスは余熱時間が必要ですが、IHは逆に両面焼きのできる機種があまりないので、両方焼く時間をふまえると、IHもガスも同じ位の時間で焼き上がりました。
↓焼きあがった鮭。上がIH。下がガス。
さかな
どちらもやわらかくできました。味もそんなに違いはないですが、ガスの方が焦げ目がつくので見た目は美味しそうな感じ。若干香ばしい香りがします。

この魚を焼いたグリルで、そのまま食パンを焼いてみました。
↓こっちがガス焼の食パン。ちょっと焼きすぎました。。
食パン1
ガスは前の熱が残るので、ホントは1分くらいで焼き上がるようです。使い方で、効率良い調理ができるかもしれません。
↓こっちがIH焼の食パン。
食パン2
ちょうど良い感じですが、両面ひっくりかえすのでちょっと時間はかかりました。
両方とも、魚焼の後にもかかわらず、魚臭さは全くありません。
むしろ、いつものオーブントースターより美味しくできました。グリルでパン焼きはオススメです。

さて、最後にメイン?料理として野菜炒め。
ワタクシはIHの調理に挑戦。 フライパンを上げる(IH面から放す)ことができないので、普段と違い、少しとまどいましたが、何とかクッキング。
クッキング
そして完成。 これは、正直、意外でした。IHのワタクシの方が、油がほどよくまわり火も全体に通っています。反面、ガス調理の方は、少しベタっとした感じで、水分が残っているような。。
さて、試食してみますと、やはり見た目と同じく、IH調理の方が美味しくできていました。
これは、腕前??ということもあるかもしれませんが、、ガスの場合は、肉や野菜を入れる前に充分フライパンを熱し、油を温めてから調理するべきだったのかもしれません。これは炒め料理の鉄則でした。。。IHはそのようなサジ加減はいらないで、誰でもできる・・・ともいえるのかもしれません。
↓野菜炒め。上がガス調理。下がIH調理。
やさい炒め

さて、ふたつとも体験して、どちらが・・・とはなかなか難しいのですが、
それぞれの器具の使い方の違いはあるので、その性質を知った上で使うと効率よく省エネになる。。と感じました。
料理を誰でも簡単に美味しく・・・というとIH?。でも、少し料理ができる人ならやっぱり自分で調整し、腕前が披露できたり、焼物の焦げ目などができるガスでないと物足りないかも。。。

何れにしろ、一度最新機種を両方体験することが良いかもしれません。

※調理体験をしたい方、問い合わせフォームにてお申込みください。→
↓こころ現代民家研究所は大好きな木の家、気持ち良い天然乾燥木材で板倉の家造りをしています・・・ということでクリックおねがいします。
にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ
http://www.minken.jp/







この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。