--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.08.19

静岡駿河湾沖地震の報告

一週間前、8月11日、午前5時7分。
この時間と日付は、しばらくは静岡県人は忘れることはないでしょう。
そうです。地震・・・本当にびっくりしました。

↓地震直後の我が家です。もともと散らかっていた子供部屋は本やモノが散乱。
    キッチンの開き戸は全て開いていました。。

jisinngo kittinn

最大震度6弱を記録しながら、幸いにも大きな被害はありませんでした。
阪神や新潟のように、寒い冬ではないし、雨は心配されましたが、地震後に降ったところは少なかった。。
TVなどの報道では、静岡の防災意識が強かった・・とか言われています。
確かに、そんなトコロはあるかと思います。くるくる・・といわれて来ない地震。
阪神や新潟、その他の震災を見て、いつ来るのか??と感じながらも、最近の震災の情報が頭の中に入っていた感もあります。。

揺れた時は、「うーついに来たか、東海地震!!」と揺られながらおもっていました。
そして、できるかぎり窓や戸を開け、逃げ道を確保。
直後は、すぐに水を確保し、余震に備えて荷物をまとめて非難の準備をしてラジオやTV
で情報を・・そして、ご近所の様子を見に行って、安否を確認。
そんな流れを、多少、あわ。あわ。しながらも、自然にやっていました。

そんな防災意識も一役たった。。とは思います。
が、もうひとつ。
本来ならば、恐らくもっと、建物の倒壊などの被害があったハズ・・だと考えています。
でも、実際には、屋根瓦や外壁などの崩落などの比較的、小さな被害がほとんどだった。。
これは、キラーパルスといわれる、建物全体の共振(2つの振動があって増幅すること)
が起こり易いような長期の揺れがなかったこと・・が良かった。。という分析がされています。
確かにそれもあると思いますが、とにかく揺れ自体は、すごかった。。。
ウチはたまたま良かったのですが、両隣の家は、やっぱりテレビは飛んできて、壊れたようです。
長期の揺れはなかったとしても、それなりの大きな揺れはあった。。
なのに、ほとんど被害がなかった。。瓦の崩壊も、ほぼ9割くらいが棟瓦(熨斗瓦)の崩落のみでした。

↓外壁がおちた店舗
daiso gaiheki
↓屋根瓦が崩落し、撤去作業をしている様子(アトリエすぐ近くの家の屋根)
DSC02904_20090819034056.jpg mune

これは、TOUKAI-0(とうかいぜろ)などの耐震の対策や、建築申請の際に行う静岡スタイルの木造計算などの効果が、あったのでは・・と思っています。
今回、瓦の被害だけが目立っていて、瓦が弱い・・という感じに思っている方も多いと思います。
しかし、むしろ、一般的には、ただ土を盛って銅線で引っ張るだけの熨斗瓦は落ちて当然で、、それだけの被害で食い止めた。。といえると思います。
逆に今回、耐震の弱点みたいなものが、明らかになった気がします。
↓下記のような熨斗瓦の施工標準図がだされている・・が一般化したのは、ごく最近のこと。
kawara
  
そして、今回被害のあった建物のある地域には、特徴があります。
建物が、新しいとか、古いとかはあんまり関係なく、その地域でまとまって被害がある。。
↓菊川市の加茂地域(菊川IC周辺)
kamo
いわゆる、、この地方で、地盤が悪い・・というと、平気で20m以上支持層がでてこないところがあり、
そんなところは、昭和19年の東南海地震では、建物は全てなくなった・・といわれるほど、被害があったそうです。。でも今回の地震では、そのようなものすごく悪い地盤の土地では、まったく被害がなかったのです。。むしろ、多少地盤改良をすれば、家が建てられる・・というような、中くらいの地盤とでもいいましょうか・・そんな土地に建っている建物に被害が集中しています。
これは、とても不思議ですが、とても奥が深い・・・と考えています。

またそのあたりは、ただいまデータを集積中ですので、ご報告をしたいと思います。

とりあえず、ウチのアトリエ(築80年)の瓦は落ちることもなく、無傷でよかった。。

でも、今回はリハーサルと思って気を引き締めていきましょう。。皆さん。

さて、来月のアトリエ開放日は、9/5の夜と9/6になります。
9/5の夜は、ちょうど満月。
ですので、軽く飲み食いしながら、月見会をしたいと思います。
どうぞ、気軽に参加さいてください。(夜の民家もよいですよ。。)

↓こころ現代民家研究所は「静岡」の木の家、気持ち良い天然乾燥木材の家、板倉の住まい、50年先に民家になる家造りを志して設計する、日本の木専門の静岡の設計事務所です。・・・ということでクリックおねがいします。
にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ
↓こころ現代民家研究所のウェブサイトはこちら
http://www.minken.jp/






Posted at 04:14 | その他 | COM(0) |
2009.07.31

ぺちゃくちゃナイトプログラム

8月1日のぺちゃくちゃナイトのプログラムが発表になりました!
ほかの発表者も、いろいろで楽しみです。

会場オープンは、17:00
パフォーマンスのスタートは、18:00
です。
当日チケット予約や問い合わせは下記サイトをご参照ください!
http://www.pecha-kucha.org/cities/hamamatsu/4


「ぺちゃくちゃナイト浜松vol4 プログラム」


*熊谷香里 アーティスト
http://www.geocities.jp/comfortmelico/
*小栗 佑太, 扇子屋, 鯉部路
http://liberofellas.hamazo.tv/
*石川誠 事務局長, とよはしまちなかスロータウン映画祭実行委員会
http://www.slowtown.info/
*有川陽大 浜松ラフタークラブ ぴぽぱの会代表
http://ameblo.jp/laughyoga555/
http://youdaihahaha.hamazo.tv/*やましたしんいち, 木の建築家, こころ現代民家研究所
http://www.minken.jp/index.html
*大橋鶴鵬, 琵琶作家, 琵琶演奏家 
http://slowlife-k.sakura.ne.jp/archive/2003/column-02.html

休憩

*荻野洋一, デザイナー, ihラボラトリー
http://www.ih-labo.net/
*孕石直樹 ディレクター, サンクデザインオフィス
http://baratee.jp/
http://www.cinq5.jp/
*平池俊介, ドットオンタイム
http://www.dot-ontime.co.jp/
*太田勝己, はままつ映画祭プロデューサー, はままつ映画祭実行委員会
http://www.hamamatsu-eigasai.com/
*村松リカ, ピラティス インストラクター, FTPピラティスアカデミーSTUDIO
 HELSTA
*片岡祐介, パーカッショニスト, 作曲家
http://www.usiwakamaru.or.jp/~usuke/
*大橋諭, 建築家, SATOSHI OHASHI ARCHITECTURE
http://www.studiosoa.com/

さて、このぺちゃくちゃナイトの為に、
ウチでも20枚のスライドとコメントを用意したのですが・・
先日、長男の県水泳大会応援ではりきりすぎ、
声がガラガラになってしまいました。。

でも、長男は、東海大会全国大会出場がきまりましたから、コッチも負けてられません!

皆さんに「木」のことや「板倉」のこと、「木造建築」のことなどを素直に伝えられたら・・と思っています。

↓こころ現代民家研究所は「静岡」の木の家、気持ち良い天然乾燥木材の家、板倉の住まい、50年先に民家になる家造りを志して設計する、日本の木専門の静岡の設計事務所です。・・・ということでクリックおねがいします。
にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ
↓こころ現代民家研究所のウェブサイトはこちら
http://www.minken.jp/








Posted at 12:03 | その他 | COM(0) |
2009.07.25

ぺちゃくちゃナイトに出場します。

ぺちゃくちゃナイト 浜松 に 出場します!!
開催は:2009年8月1日。 18:00スタート
場所は:K-MIX スペースK です。
入場チケットは全てメールにて申し込みです。¥1000/ドリンク付

petyakutya1

詳細、およびチケット予約は下記まで↓
http://www.pecha-kucha.org:80/cities/hamamatsu/4

petyakutya2

先日、やっと当日スライド20枚ができました!

しゃべる内容は・・当然「木」のことです!
お楽しみに!!

こころでも、チケット予約承ります!メールにてお問い合わせください。



Posted at 21:58 | その他 | COM(0) |
2009.06.04

祝 静岡空港開港!木造提案のこれから・・

2009年6月4日。 今日は朝から、静岡では、地元テレビもラジオも、この話題で・・・モチキリ。。
そうです。今日から、「富士山静岡空港」が開港したのです。
富士山静岡空港のサイトはこちら・・・
kuko


空港の場所は、お茶の名産地、牧野原台地・・・・つまりウチ(菊川)はすぐ隣。
何と、車で20分~25分で行けるのです。。
ココロアトリエから、空港へむかうバイパス道路まで、約10分。バイパスが混んでなければ、そのまま走ること10分。。ホント、世の中の流れは、速い!!そして世の中変わる・・・。

計画は知っていたものの、この道路ができたのは、ここ2年の間。 建物ができたのもこの2年間。
超突貫工事でした・・間際でいろいろありましたが、できたことはホント、スゴイ。
↓こんなスゴイ道路ができました。
kuukoudouro
そしてちょうど、その計画の最終段階の時、つまり3年前、空港の運営会社に対して、
こんな提案をしました・・・・
「空港を木造でつくりましょう!!」

県森連や県木連の提案として、ワタクシがプロポーザル案をつくり、提案したのです。
世界に名立たる富士山。北には南アルプス・・そして大井川。。南には駿河湾~遠州灘。。周辺は、お茶畑と自然林が広がる豊かな山。。そんな自然の中にできる空港は、自然の材で、静岡の木材で、造ってみませんか。。という事でした。
でも、もう計画自体はほとんどきまっていたようでしたし、木造化は無理としても、内装や周辺施設に、使ってもらえないか・・・というモクロミでもありました。
木造ターミナルビルの名称は、「TIMBER WING」・・・木材の翼・・とでもいいましょうか。。なかなか良いと思いませんか。。
国内では、根室中標津空港 や 大館能代(秋田北)空港 が、ターミナルビルの一部の梁や柱、内装などに木材を使っています。外国では、ノルウェーのオスロ空港 は超巨大な施設全体を木の梁でできた屋根が覆っています。 法的規制などはありますが、今の技術なら、かなり巨大なものまで、木で造ることが可能なのです。
↓オスロ空港の発着ロビー
oslorobi

このような公共の建築物で、あまり木が使われない理由には、「火」に弱い??という事が大きいです。
木は燃える・・確かにそうなのですが、火に対しての対抗措置は大きく3つあります。。ひとつは、一般的に、木に何か防火的な塗料を塗って着火しにくくする方法。
そして、二つ目は、木の厚さ自体を厚く、、所謂、燃え代設計を行って、構造上、必要な太さや厚さにプラス、燃えても良い部分をもともと付け加えておく方法。
そして、オスロのような巨大なものは、火から充分な距離を確保する方法・・・つまり火元になると見られる階のフロアから、火の熱の影響のないところまで木の部分を離す・・簡単に言えば、天井をものすごく高くして火が届かないようにする方法。

工夫すれば、いろいろ使えるモノです。
それに、防火に関係ない、ファニチャー(椅子や棚など)類や装飾部分は、木を使っても良いハズです。。
↓提案した木造空港のイメージスケッチ。
kuukousuketch

ということで、提案はしましたが、ごらんの通り。残念ながら、却下されてしまいました。
まぁ。仕方ないコトです。できたモノは、前向きに、何とか盛り上げたいですよね!
しかーし、是非、これからできるであろう、周辺施設や、変わってゆくであろう空港周辺の建物などは、環境に負荷のない。木造にして行きましょう!!ココの森は、無くなってしまったのだから・・・。

↓本日の空港ターミナルの様子。祝!開港!
kukophoto

さて、静岡に行く途中に空港脇を通って、ついでに見学して行こうとおもいましたら、空港内は、見学だけの人は、今のところ、駐車できないのでした。。(歩いて5分~10分ほどのところに見学者用パーキングあり。シャトルバスあり。)
ですので、ぐるっと様子を見ながら通過しました。見学の人も、発着の人もマバラな感じでした。。インフルエンザの影響もあるのかな。。でも、何かだんだん盛り上がってきたように感じます。。(自分だけかな・・)。ウチの両親も、今月末に、韓国に行くようです。静岡人はもともとスロースタートだから。これからでしょうか。。

この空港の真下には、東海道新幹線が通っています。初期計画では、新幹線の駅をつくる。。という画期的なモノでしたが、最終的には無理だったようです。
自分的には、すぐ近くの東海道線の金谷駅や大井川鉄道の新金谷駅から、線路を伸ばして、ローカル線の駅とリンクした方が、外来者の観光には良い気がします。。できれば、、SLを空港まで走らせて・・なんてすごく良い!!これから国道や第二東名まで道路をつなげるのだったら、今からでも遅くない。 やってくれないかなぁ。。。

何はともあれ、無事、開港、無事、一番機が発着しました。メデタイ。メデタイ。

・・とそちらはめでたかった。。のですが、空港道路から降りてすぐ、愛車の調子が・・
詳しくは携帯サイト日記を見てください。。コロコト日記

↓こころ現代民家研究所は「静岡」の木の家、気持ち良い天然乾燥木材の家、板倉の住まい、50年先に民家になる家造りを志して設計する、日本の木専門の静岡の設計事務所です。・・・ということでクリックおねがいします。
にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ
↓こころ現代民家研究所のウェブサイトはこちら
http://www.minken.jp/











Posted at 21:51 | その他 | COM(0) |
2008.06.16

一食288円、キュウリのヒタヒタ

先日、地域の学校給食センターの運営会議に出席してきました。
なぜ??といいますと、現在、PTAの役員をしておりまして、その関係で。。ちなみに中学です。
町の合併は3年前にすんだことですが、ここのところは、関連の団体や施設の統合への動きが加速しています。その流れや、生徒数の減少、施設の老朽化等の理由から、地元の給食センターを廃止し、合併したお隣町(今は一緒の町ですが・・)の新しい給食センターへ移行してゆく。という動きになっています。
移行に際して、どんな問題があるのか?そんなことも検討するワケです。
我が家の小僧どもに、「給食センターが移動したら、何が困る??」ときいたところ、、
J&R「キュウリのヒタヒタが無くなるとこまる!!」
やま。「え?ひたひた?きゅうり??」
どうやら、学校で一番人気の給食のメニューのようで、私のころは当然、そんなメニューありません。
カレーとかフルーツポンチとか言うのかと思ったら、、ヒタヒタです。。でも、キュウリってゆうのも何かホッとしました。
やま。「そ。そんなに人気があるのなら、言っておかないとね。。栄養士さんが変わると無くなる可能性もある。」
我が給食センターでの給食費は、一食、288円(中学)です。今どき、何とリーズナブルに運営してくださっているのでしょう。。しかも、最近は、地元の素材とか、郷土料理なんかも積極的に取り入れているようで、ありがたい話です。。学校でのながーい一日の一番楽しみなのは、給食ですからね。。
そして、給食というと気になる、、給食費未納問題。。ですが、、我が学校の給食費未納者は何とゼロ!・・・というか、そんなの当たり前の話なのですけれども。。携帯電話にしろ、小学生や中学生が持たないのは当たり前なハズです。。。
そんなワタクシも、先日、音楽ホールでデジカメ癖がでて、出演者をカメラで撮っていましたトコロ、関係者に注意されてしまいました。。すいません。。反省。。デジタル機器は、便利で大変良いのですが、手軽すぎて、モラルやマナーを無意識のうちに無くしてしまうような気がします。。恐。。
ま。もともとデジタルは2進法だから、ONかOFFかで、その間を無くしているものですから、そうなってゆく部分もあるのかもしれません。。
自分的には、デジタル機器大好きの面もありますが、人の感性はデジタルでは、現せないという気はします。。我々のあつかっている木は、まさにアナログ。木の良さは、データだけでは現せません。。
↓給食センターの調理室。最新の設備がそろってます。。(実は、独立する前、ワタクシが設計にかかわってます。。昔はこのような建物もやってました。。)
給食センター

あ。。話がずれましたが、、給食、食べたくなりました。。今は、残り物なんかを持って帰ることはないんだろうなぁぁ。。

↓こころ現代民家研究所は、食べ物が美味しくなる、木の家、気持ち良い天然乾燥木材で板倉の家造りをしています・・・ということでクリック。
にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ
毎月、第2日曜日は、「木の家相談会」を実施しています。詳しくはHPをご覧ください!
申し込みは、メールか直接お電話にて、、木の事、家づくりのこと、お金のこと、何でもお聞きください。
http://www.minken.jp/






Posted at 09:39 | その他 |
2008.05.17

旅立ち

今日は建具屋さん(黒田さん)のお父様が亡くなられたということで、告別式に出席しました。
急な、そして若すぎる旅立ちでした。
告別式の間、ずっと、ツバメが「ツツツ。」と鳴きながら元気に空を飛び回っていました。
旅立ちを導いているかのように・・。
ご冥福をお祈り申し上げます。
旅立ち

Posted at 21:48 | その他 | COM(0) |
2008.05.10

報徳社

昨日は掛川の報徳社にて少し打ち合わせがあって今年、修繕が終わったばかりの建物に入りました。約100年前に建てられたこの建物は、全国の報徳社の総本山です。
そのつくりは、本当に珍しく、和洋が入り混じった、独特のスタイルです。
↓報徳社講堂。個人的には、日本のシュタイナー建築だと勝手に感じてます。
報徳社講堂

この修繕は、かなりしっかり、そして玄人には面白くやってます。一見は、以前と変わらない様子なのですが、実は、開かずの襖や障子があったり、障子をあけても壁だったり、床下は鉄骨の大きな梁があったり、かなり特殊で、かなりアイデアいっぱいの耐震補強がなされています。
数年前、まだ改修の前に、木の建築フォラムin掛川が行われたとき、この講堂でシンポジウムを開き、そのパネラーとしてしゃべりました。懐かしいです。
↓報徳社の入口には「道徳門」と「経済門」があります。「道徳無き経済は罪であり、経済無き道徳は寝言である。」という報徳の教えをあらわしています。
経済門道徳門

そしてこれは、報徳社の敷地内にある、報徳像(二宮金次郎像)です。皆さんが知っている、薪を担いで勉強している二宮さんとは違います。。武家に入り、財政の建て直しや、農村経済の規範となる仕組みをつくったという、これが本来の二宮像なんです。
二宮尊徳像


↓こころ現代民家研究所は「道徳無き木造」はつくりません。100%国産材の家造りをしています・・・ということでクリック。
にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ


Posted at 22:47 | その他 | COM(0) |
2008.04.30

仏蘭西最中とは?

さて「仏蘭西」なんて読むでしょう?


答えは「ふらんす」・・・簡単ですかね。。
では。「仏蘭西最中」とは?何でしょう??

今日は、家具デザイナーの小澤さんと、6月のイベントの件で打合せ。
わざわざ東京からいらっしゃっているので、近所の菓子店の茶菓子を用意しました。
うちあわせ

小澤さんは、イタリアから帰国したばかり、で打合せ半分、イタリアの家具の話半分でした。
数年前に比べると、イタリアの家具ギョーカイは、日本よりぜんぜん進んでいる!
いろんなものに縛られず、デザイナーが自由にデザインをしているし、職人やメーカーもそのように造っている。。
イタリアの家具展のパンフレットやカタログを見せてもらったのですが、うーんなかなかこのような発想は日本にはないかも。。でも、デザインモチーフやカラーは日本の伝統的なものが感じられるものが多い。。日本人よりもむしろ外国人の方が日本のデザインを旨く使っている。。
そんな印象でした。
↓これは収納の扉に描かれたデザイン。。繊細で綺麗。でもどことなく日本ぽいような。。
デザイン

外国では、江戸小紋などの伝統的な日本のデザインの評価が高く、どんどん取り入れられているそうです。一方で、スッキリとしたモダンでシンプルな収まりができる金物や電気機器などがどんどん開発されていて、本当に面白い!と絶賛でした。。。

さて、仏蘭西最中は、、これ↓
仏蘭西最中


そう。 所謂、 「シュークリーム」でした。
最近、和菓子菓子屋さんが「仏蘭西最中」という名前で売り出したのがちょっと話題になりました。
なので本日のお茶菓子に。。ネーミングってスゴイですね。。

↓こころ現代民家研究所は、日本文化を大事に、日本の森を大事に100%国産材の家造りをしています・・・ということでクリックお願いします。
にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ






Posted at 18:05 | その他 | COM(3) |
2008.04.28

やっとできました。。

すっかりご無沙汰してしまいました。

やっとできました。 ホームページ。
1月からコツコツつくりまじめてはや4ヶ月。もう5月になってしまいました。
cocoro open


HPだけではないですが・・もうあんまり新しくつくるのはやめたい・・・とつくづく思います。
30代もあと1年なので・・・。

・・・ということで ブログは再開いたします。

Tさん。まめこさん。コメントありがとうございました。

あ。アドレスですが、前とかわりません。

http://www.minken.jp/
Posted at 08:34 | その他 | COM(2) |
2008.02.06

さむ。。天気と建築。

最近、やっと冬らしい日が。。といっても、もう寒明けなんですが、いったいどうなっているんでしょう。この気候。こんなに1月、2月に雨が降った年はありません。
木の家にかぎらず、建築には、は大敵です。。特に、私たちが扱っている「杉」は、雨などがあたり、そのままにしておくと、シミになって残ります。たまに、黒い大きなシミになることもあります。ですので、建前から屋根葺きまで、天気予報とにらめっこ。
もし、雨が降ったら、とにかく雑巾とブルーシートを持って現場へ。。それで濡れた梁や柱を拭きます。とにかく。。一日越えるともうシミが残ります。
そんなことや、木材の乾燥などを考えて、建前時期をこの時期(1月から2月にもってくることが多いのです。
しかし、今年はこまった。。いつもなら、遠州独特の空っ風(からっかぜ)が吹いて、雨はまったく降りそうもないくらいの雲のない空なんですが、、そんな日が続くことがない。
基礎工事なども大幅に遅れてます。もうすぐ建前なのですが、頭の痛いところです。
これも、地球温暖化の影響なのでしょうか。。
この雨が多い・・という状況は、確実に夏にも影響し、そしてただでさえ湿気の多い日本の気候がさらに多湿なものになってゆくような気がします。これは、家の造りかたにも影響するでしょうし、葉枯らし、天然乾燥する際にも大きな影響となります。
家の造り方からすると・・高気密の家のように、床下換気口をなくして、湿気をシャットダウンするやり方もありますが、やっぱり昔ながらに床下に人が入れるくらい、高くして、通気を確保し、点検ができる状態にしておくのが一番良いと考えています。
↓奏の家(板倉の家)の床組。床下は60センチ確保。
床組み

雪は、沢山降って、スキーには良いかも。ですが、雪崩の被害もあるし、やっぱどこかおかしいです。。おかしいです。。といってるだけでは、どうにもならないので、とにかく、小さなことから、、自分は、「環境に優しい木の家」を、「ゴミの少ない木の家」を、「森林を助ける木の家」を、造ることで何とかしたい。。やれることは少しですが。。
↓スキーには良いかも。。今年は20年ぶりに志賀高原に行ってきました。ちなみに前回は、初スキー。高校時代のスキー教室でした。志賀高原のスキー場

あれから、環境はかわりましたが、スキーの腕前はちっとも変わってないかも。(涙。)

↓こころ現代民家研究所は100%国産材の家造りをしています・・・ということでクリック。
にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ

Posted at 07:43 | その他 | COM(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。